基本的にはお薬は飲まないようにしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC01616

我が家の薬箱。
頭痛薬だけしか入っていません(軟膏は犬のもの)

基本的にはお薬に頼らない生活をしています。

薬はあくまで対処療法 薬で病気は治りません

我が家は基本的に薬には頼らないようにしています。

なぜなら

薬は症状を止めるだけのものであって、病気を治すものではないから

命にかかわるなら頼る選択ももちろん有りだと思っていますが
基本的には、薬で症状を止めてしまったら、自然治癒力が働けなくなり、ますます治りが遅くなる。

すると、薬が手放せない生活になることも予想されます。

しかも、ずっと薬を飲み続けることで、症状がどのくらい治っているのか
または、進行しているのか?

分からなくなってしまうからです。

DSC01532
薬で病気は治らない (PHP文庫)
宇多川久美子(著)
楽天ブックスはこちら

宇多川さんは、『薬を使わない薬剤師』として活動されているそうです。

書籍の裏表紙には

薬は体からの悲鳴を人為的に抑えているだけ

症状を人為的に抑えて過ごしていると
身体の中にだんだんと原因物質などが溜まり

それがいつかガンなどの大きな病気になり、取り返しのつかない事になったりということもありえます。

そうならないように。
日頃から何か気になる事があれば

小さな症状の時に、自分の身体と向き合って治していく。
そうやって習慣付ける事で、大病にならずに済むのかなと考えています。

薬で病気は治らないを読んでから

なるべく薬には頼らないようにする!

と家族で話し合って決めています。

小さな事ですが、何事も日頃の積み重ねなので。
自分の身体と向き合う事を忘れず、健康的に生活して行きたいと思っています。