子供とこれからの時代がどうなっていくのか?そんな話もちゃんとするようにしています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

これからの時代。
私たち親世代とはガラッと変わった世の中になることが予想されます。

どんな未来が待っていようとも、臨機応変に対応出来るように

我が家では中学受験に入る前から
娘と何度も何度も、将来について話し合ってきています。

私たちが決めることではないですが

たとえどんな未来が待っていても、強く逞しく生きて行って欲しい

そういう思いからです。

その為には、私自身も書籍を手に取ったりして勉強します。
子供にばかり押しつけでは、耳を傾けてくれませんから。

世間では中学受験をさせるのは学歴が欲しいから
そんな見方も少なくはありません。

実際そう言われたこともありますし。
娘の通っている学校は、東大志向がとても強いです。

学歴がすべてではないとよく言われますが
遊びたいのを我慢して勉強してきた忍耐や知識は後々にきっと役に立つと思っています。

知は力なり、無知は無力なり

世の中の仕組みを知らない、もしくは知ろうと努力をしない人達は
知っている人たちから搾取され続ける生活をずっと送らなくてはなりません。

DSC01662
15歳から、社長になれる。 ぼくらの時代の起業入門
家入一真(著)
楽天ブックスはこちら

これは娘が同じ年齢の時に渡しました。
子供って自分と重なるような内容だと、すぐ読んでくれませんか?

とっても興味深かったようで
いろいろと話をしてくれました。

『雇われるのではなく、雇用する側にだってなることも出来るんだ』

現実難しいにしても、そういった可能性もあるということを知っていると
また違う未来も想像出来るのでは?と思うのです。

実際学生で企業して成功されている方もいらっしゃいますし
大学生活の中でそういった方達と頑張ってみるものいいと思います。

そいういう風に、自分の未来を型にはめずに楽しんで欲しいと思います。

反抗期ともなると、思ったように話が出来ない時期もありましたが
時期を過ぎると自然と話も耳に入ってくるようで

今はいろんな未来について話が出来ています。

来年は大学受験なので
しっかりと自分の未来を見据えて、頑張って欲しいと思います。