娘に自分の仕事を全力で否定された時に気が付いたこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

娘ももう高2。
大学受験のこともあり、将来について話をする機会もぐんと増えました。

その時に冗談ぽく

『お母さんと同じ職業は?』

と言うと、全力で拒否されました( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

客観的に見て、今の仕事は楽しそうに見えないということ

もともと今の在宅の仕事は限りなく私の夢に近いものでした。
そのために転職し、建築士の資格も取りましたし。

在宅で得るお給料としてはいい額を頂いていると思います。
自分的には納得のいく仕事だと自負していました。

だけど娘には

『お母さんしんどそうだもん』

追い打ちをかけられてしまいました(苦笑)

しんどそう?
そりゃあ仕事ですから。

ん?
でも、妹はやりたいこともして楽しく仕事もしてるよなぁ・・・
と考え始めると

もんもん。
自分のやりたいこと。

そう考えるとおのずと見えてくるものがありました。

犬関係の仕事がしてみたい

いや、したい!
そう頭に浮かんだんです。

思ったら即行動 それが夢への一番の近道

そうなるとまずは旦那の説得からですよね(笑)
何度かブログにも登場していますが、割とその辺りはアバウトな人なので全然OKでした。

今はペットの食育・体についてのセミナーなど
出来る限り出向くようにしています。

DSC09764

娘が大学に上がる頃には何か形にしていけたら。
犬の手作り食で何か出来たら・・・そう思っています。

考えただけでワクワクしますね(笑)

DSC00562

そんな風に楽しそうに私がしていたら
娘も獣医になる!とでも言ってくれるかしら?( ̄▽ ̄)

冗談はさておき(笑)

子供からの一言って大きいですよね。
いろいろ考えさせられました。

自分の中では、今の仕事は食べて行くため
そういう気持ちがとっても大きくて、それがプレッシャーになっているのかも?

娘の手が離れたら、今ほどお金も必要なくなるので
そんな事も考えず、もっと自分らしい仕事が出来るんじゃないかな~、なんて♪

全力で否定された時はさすがに凹みましたけども(^^;
いいきっかけになったことは確かです。

自分の夢を手に入れるために
少しづつですが行動しています♪