今の世の中 それでも私はやっぱり学歴は必要だと思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の世の中

『やっぱ学歴じゃないよね?』

いやいや。
そんな事ないでしょ?

スポンサーリンク

凡人だからこその学歴だと思う

やはり成功している人が

『やっぱ学歴じゃないよね』

と言うとそうなのかな?と思いがちですが
私自身の経験からすると、学歴がないことで

『同じ土俵にすら立てない事もある』

就活で痛いほどそれは経験してきました。
学歴フィルターはない・・・そんな事はありません。

だからこそ、娘には中学受験をさせました。

学歴があっても仕事が出来ない人も沢山いると言われていますが・・・
それならば

学歴もあって仕事も出来る人

になればいいじゃないですか?
私はそう思っています。

現実にそういう人も沢山いるワケですから。
特に秀でた才能がないなら、

『私は学生時代、勉強は頑張ってきました』

と言えるようになってもいいんじゃないかなと。
私は、高学歴の人は普通に尊敬しています。

だって、遊びたい学生時代に我慢して勉強を頑張ってきたという証明じゃないですか?
私的には水戸黄門の

『高学歴という名の印籠』

だと思っています。
高学歴というのは普通に評価されるべき事だと。

DSC02398
悩みどころと逃げどころ
ちきりん 梅原大吾(著)
楽天ブックスはこちら

この書籍は『学びや学校 生き方』について真逆の人生を歩いてきたお2人の対談本です。
その中で、高学歴きちりんさんが学校でずっと寝ていた梅原さんへ

『学校に行くメリットは何ですか?』

と質問されていました。
その答えが

『大卒という学歴』

という言葉でした。

ちきりんさんは学歴があるから気づかないんですよ。
僕がいた世界ではバイトでさえ学歴で判断する人が多くてそれが屈辱的でした
学歴で苦しんでいる人は世の中にたくさんいると思います。
だから経験上、学歴が関係ないとは簡単に言えない。
やりたい事、好きな事をする覚悟があるなら最後は自分で決めればいい。

きちりんさんもいい事を沢山言われているのですが
私には梅原さんの言葉が、すごく納得するもので、また考えるきっかけにもなりました。

人は自分の考えに合うような意見をついつい良しとしてしまいがちですが
でも、こういった事は現実としてあるので、やはり私は娘には安易に学歴なんてという言葉は言えませんし、未だかつて一度もいった事はありません。

もちろん、今勉強を頑張っている娘を否定するという理由もあります。

今の世の中『生きて行く力』だけを求めがちですが
現実問題として、大企業が高学歴しかとらないとか、学歴差別をする人がいる限り

『高学歴』も『生きて行く力』もどちらも手に入るように
努力していく方がいいのではないかと思います。

どちらかだけに偏るから生きにくい人生になるワケで。

私の考えも偏ってはいるとは思いますが
娘にはどちらにも対応出来る力を備えて
大好きなことをして、しかもいい人生を手に入れて欲しいと思っています。