水切りカゴだからといって見た目を妥協しない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

水切りカゴは必要なかったという記事をちょくちょく見かけます。
たしか、妹もそうだったと思います。

何年か前に購入した水切りかごがボロボロになってきたので

捨てるか?買い換えるか?

という壁にぶち当たったので、試しに使わない生活してみたところ

私には必要

ということが分かったので、素直に買い替え。

スポンサーリンク

水切りカゴもインテリアの一部として考える

収納可能な簡易的な水切りトレーなどもありますが
一度使ってみて使いにくかったので、我が家は据え置きタイプ。

据え置きということは、いつも視界に入るワケで。
それならばインテリア的に妥協は出来ない。

ということで

DSC02553

シンプルな山崎実業 水切りワイヤーバスケットを購入。
以前のものは安定感に欠けていたので、今回はガッチリタイプ。

でも圧迫感が出るのはイヤなので
やっぱりここはホワイトをセレクト。

キッチンは、シルバー&ブラック&ホワイトで統一しているので
いい感じに納まりました。

関連記事です:キッチン収納公開 色彩を味方につけるとよりシンプルに

キッチンの天板がホワイトなので、違和感なく大満足♪
探しに探して、Webbyさんで他のショップより1800円もお得に変えた(笑)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
山崎実業 水切りワイヤーバスケット

すぐ買い替えするものではないので
時間をかけても納得出来るものを。

水切りカゴだって妥協はしたくない。

こんな風にして、キッチンがごちゃごちゃした見た目にならないように
買い替えの際も厳選して選ぶようにしています。

これからもシンプルなキッチンを維持できるように
少ない物でもこだわって選んでいきたいと思っています♪