【中学受験備忘録】共働きが功を奏したかなと思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私が娘の通う学校で一人仲良くさせて頂いているお母さま。
驚くなかれ

『中学受験で手をかけたいから仕事を辞めた』

ええー(驚)
私、相当びっくりしてたみたいで
苦笑いされてしまった事を思い出しました(笑)

スポンサーリンク

スーパーお母さんにはなれませんでした(笑)

娘から聞く塾生のお母さま方のすごいエピソード。

プリントの整理は全部お母さん。
学校の宿題は全部お母さん(これはダメだと思う 笑)
夜食を作るお母さん。
宿題のチェックも毎日欠かさないお母さん。
おやつはすべて手作りのお母さん。

などなど。
あ、私上記に書いてあること全部してませんでした(苦笑)

そこまでしたら、倒れてしまうわー!!

と思っていました(笑)

そうは言っても、娘がそういう話をしてくるってことは
私に少なからず期待をしているのかな?とも思いましたが

でも、やり始めるとしないといけなくなるし
なによりそこまでする必要ってあるのか?という疑問もありました。

AMEd4s74_do_TP_V

しないと子供も諦めて自分でやり始める

私は娘が9ヶ月の頃から復職しているので
ずっと働いてる姿を見ています。

ですから、娘自身も負担をかけたくない気持ちもあるんだと思いますが
よほどの事がない限り自分で出来ることはしようとします。

私がそう仕向けてきたんだと今では思っています。

ずっと家にいるお母さんに甘えているお子さんをみると
切ない気持ちにもなることはありますが

自ら行動することで自立心が芽生え
それがとても中学受験に有利に働いた事は言うまでもありません。

その事は塾長さんにもとても褒めて頂きました。

時々、娘のしている問題を一緒に解いてみたりして

『すごいなー、こんな難しい問題してるんや』

と認めてあげるだけでも。
子供って頑張れるんだなと。

要所要所でちゃんと子供を見てあげていれば
ちゃんと成長してくれるですよね。

中学受験は親子での受験とも言われますが
私のような例もありますので、そこまで出来ないなんて思わないで欲しいなと思います。

今、渦中にあるお母さま方も、少しゆるくなってみるといいかもしれませんよ♪