3日食べなきゃ、7割治る! 薬に頼り過ぎない生活

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気になったら精を付けるために食べなさい。

そう言われて育てられてきました。

スポンサーリンク

一日二食は自分のため、一食は医者のため

この言葉は古くからドイツで言われている言葉だそうです。
私もファステング(断食)についてはここ一年前くらいから実行しています。

当初は、本当に知識がなくて

断食=体が治る

のか?
と、にわかに信じられないとさえ思っていました。

しかし船瀬俊介さんの書籍をはじめ、多くの著名人の方が断食の良さを語っていますし
いろいろ勉強してきたことと、自分の身体を使っての実体験をもとに

やはり、断食はすばらしい効果をもたらすんだということに行きつきました。

DSC00720
3日食べなきゃ、7割治る!
船瀬俊介(著)
楽天ブックスはこちら

こちらの書籍には

免疫力を上げる:食べないほど自然治癒力が強まる

断食は免疫力を上げます。これは自己治癒力の一つです。

野生動物は本能で断食が治癒力を高めることを知っているそうです。
ですからケガや病気のとき、巣穴で何も食べずに、身を横たえ、じっと回復を待つ。

このことは野生動物に限らず人間でも同じです。

プチ断食をするだけでも、活性酸素が13%も減るという実験結果があるそうです。
活性酸素が減るという事は病気になりにくい体になるということが考えられます。

さらには老化も防ぐというオマケ付(笑)

こんな事実を知ったならば、やはり利用しない手はありません。
私はずっと朝食抜きの断食をしています。

そのお陰か胃痛と膨満感はなくなり、便秘も解消されました。

当然愛犬にも効果的で、少し調子が悪いなと感じた時は断食。
すると翌日の元気さが全然違うんです。

ものすごくお散歩ペースがあがり、目がキラキラ。
お腹は減ってるんでしょうけど、体は軽いんだと思います。

高血圧・糖尿・水虫・アレルギー・甲状腺疾患・腎臓病・狭心症・動脈硬化・人工透析・肝臓病・リウマチ・潰瘍性大腸炎・認知症・全身性エリテマトーデス・心身症・胃潰瘍・腰痛肩こり・冷え性・ガン

など。
たくさんの病気に効果があるとされています。

私たち世代になると、1つや2つ当てはまるものも出てきますよね?

食費は半分・寿命は二倍
書籍引用文

お安くすんで、しかも健康になれる(笑)
定期的に内臓を休めて自然治癒力を高める断食。

我が家では定番の治療法になりそうです♪