投資になるのか?消費になるのか?は気持ちの持ち方次第

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は数年前から自己投資の一環として
書籍を購入したり、定期的にセミナーに行ったりしています。

セミナーも一回行くと、交通費も合わせるとそれなりの額になります。

スポンサーリンク

何事も後々の行動で投資が浪費になる可能性を秘めている

数年後やりたい事があるので
その為に年に数回セミナーに参加しています。

書籍も毎月それなりに購入しているので
年間自分に掛けているお金は合計すると結構な額になります。

それでも、お金をかける価値のあるセミナーに行くと
得るものは想像以上に大きくて、行った甲斐があったなと思えます。

ですが、せっかく自己投資と思って行ったセミナーも
行っただけで満足だったり、実践しないとそれは

投資ではなく、浪費になってしまう

こういった方をちょくちょく見かけるので
お金も時間ももったいないなぁと思います。

ですから、行ったというだけにならないよう
日々実践したり、後々に役立てたりするようにしています。

無題

自分の未来を描くことが浪費にならないコツ

家庭のお金から捻出して行かせてもらているセミナー。

お留守番を引き受けてくれている旦那にも迷惑をかけているし
投資が浪費になんてなると申し訳ありません。


そのお金のムダづかい、やめられます
菅原道仁(著)
楽天ブックスはこちら

菅原さんは書籍の中で

どんなふうにお金を使ったとしても
あなたが描くストーリー次第で自己投資にも浪費にもなる

と指摘されています。

自分が後々どうしていくのか?

たったそれだけの事で、意味のあるお金とそうでないお金になってしまう。
そうならないように、これからどうしたいのか?そのためにはどうしていけばいいのか?

そんな風に日々想像しながら、お金の使い方の考えて行っています。

学びには終わりはありませんから。
これからも浪費には気を付けながらの生活続けて行こうと思います。