【肌断食】誰もが持っている皮脂は天然の乳液

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がスキンケアをしなくなってからかれこれ・・・
もう10年以上になります。

改めて文字にしてみると・・・長いですね(笑)

でも、全然問題なくって、むしろ快適に過ごしています。

スポンサーリンク

皮膚のメカニズムを知ると、化粧品はいらなくなる

私の場合はアトピーということもあって
何も塗らないが一番楽なんですよね。

一時期、皮膚のメカニズムについて勉強をした時に
肌には何も浸透しないということを知って驚いたことがあります。

もちろん、それは肌の機能が正常に働いている時に限ります。

皮膚にはバリア機能というものがあり
体内の水分蒸発を防ぎ、有害物質や病原菌の侵入も防ぐ役割がある

想像してみてください。
お風呂に使った時、水がどんどん体に入ってくるなんてことないですよね?

私も言われて思ったのですが、そりゃそうだ(笑)
ですから、CMなどでうたわれている【浸透します】という言葉はうそ。

でも、みんな信じて美容液などを塗るんです。
女性の美意識をうまく利用しているだけなんですよね。

肌は何も塗らなくても、水分は保ってくれるし
皮脂膜を作って潤いまで与えてくれる。

肌って賢い!

dsc02774

CMに踊らされないで、自分の肌と向き合ってみよう

私もそうでしたが、いきなり化粧水・乳液を止めるとカサつきます。
それは肌を甘やかしてきたからに他なりません。

私が肌断食を始めた時期は、春先の花粉症の季節。
アレルギーがもっとも強くなる季節だったので、いい機会だと思い始めました。

冬場になると部分的にカサカサすることもあり
我慢できない時はエミューオイルをカサツクところだけに。
後は、半身浴を毎日することを心がけました。

汗をかくと、その後のお肌って潤っているしくすみも少ない。
老廃物を排出できて、なおかつ皮脂が沢山出るので肌が潤うんですよね。

今は真冬でも大丈夫になりました。

肌も鍛えると頑張ってくれます(笑)
42歳の私でも大丈夫だったので、若い方はもっと綺麗になれるはずですよね♪


肌断食 —スキンケア、やめました
平野 卿子(著)
楽天ブックスはこちら

平野さんの肌断食には、スキンケアをやめた経緯に始まり
年間通してどんな風に肌が変わってきたかが詳細に書かれています。
自分と照らし合わせながら、とても興味深く読ませて頂きました。

もしあなたが、肌断食にチャレンジするなら、きっと参考になると思います。

ずっと信じてしてきたスキンケア。
それを手放すのはとても勇気がいりますが。

いざ手放してみると・・・お金も時間も手に入るんですよね。

dsc02775

年間化粧品代って結構バカにならない値段になりますよね。
私はちなみに年間基礎化粧品代3000円です^^

関連記事です:年間の基礎化粧品代は3000円 春から秋にかけて基礎化粧品は使いません

昔は、化粧水1本5000円くらいのものを使用していましたから
これだけでもすごく節約になって助かっています。

スキンケアに割く時間も節約。

しかも肌の調子もすごぶる快調なので、肌断食はこれからも継続決定です(^^♪