【自然治癒力】人は治るように出来ている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私がこのブログを始めてから、5ヶ月が経ちました。
私が健康オタクなこともあり、ちょくちょく健康について書いてきました。

その中でもずっと言ってきたことがあります。

スポンサーリンク

薬が病気を治すワケではない

私は基本的に、薬を飲む・サプリを飲むといった
何かを与える行為を出来るだけしないように心がけています。

それはなぜかと言うと

人は治るように出来ている

からに他なりません。

お肌にブツブツが出来て薬を塗る。
その時は治るかもしれませんが、大抵再発します。

なぜか?

ブツブツが出来るということは、異物が体の中にいて
白血球が戦っている証拠なんですよね。
これが炎症反応と呼ばれるもの。

それを薬を塗ることによって抑えるとどうなるのか?

戦っている白血球は薬で抑えられるから
炎症の原因物質は体内に残ったままになる。

薬を塗り続けると、症状は出なくなる。
でも体内では原因物質が増殖して最後は薬で抑えられなくなる。

アトピーのステロイドで置き換えてみるとよく分かります。

炎症反応は不快なものではありますが、必要不可欠な反応でもあります。
白血球が戦ってくれることによって、異物を排除してくれてるのですから。

このことからも、薬を飲むなら同時に異物を排除することをしないと
堂々巡りになることが容易に想像出来ます。

結果、薬で病気が治るワケではないことになります。

tsu16022820-2_tp_v

必要以上に与える必要なない

命にかかわる事態は別ですが
少々のことであれば

断食だったり、運動だったり
はたまた食生活の見直しだったり。

出来る事から始めてみることが病気の予防に繋がります。

調子が悪くなれば、すぐにお薬やサプリなどに頼りがちになりますが
結局は人の身体を治すのは、その人の持っている自然治癒力です。

私はそのことをとても大切に考えているので

与え過ぎない

をモットーにして
自然治癒力を最大限に生かす生活を送っています。

日常生活でどういった事をしているのか?

小さなことから、ちょっと大きなことまで。
また記事にしてみてもいいかなって思っています♪