【アレルギー対策】その油、止めてみてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私と娘はアトピーです。
その上、花粉症や季節性の鼻炎持ち。

治すためにあれこれ、いろいろ試してきました。
その中の一つが油の摂り方です。

たかが油ですが・・・されど油と言わざるをえないくらい
今までの油の摂り方を見直すと、アレルギー症状がとても緩和します。

スポンサーリンク

油は太るから取らないはダメ

脂質は生きていくために必要不可欠な栄養素

このことは、家庭科で勉強したような・・・
不確かですみません(汗)

たぶん、してるはずです。

ことさらダイエットとなると、脂質は敵!みたいな風潮があって
痩せたはいいけど、お肌がカサカサなーんて人みかけますよね。

それってどうなんだろう?

ダイエットという目的は達成されたんでしょうけども
健康的?って聞かれるとそうじゃないよね?って思うんです。

やはりバランス良く栄養素を摂取しないと
身体って正直で、だんだんと病んでいきます。

だから油もほどほどに必要ってことなんです。

dsc03344

その油、身体にいい油ですか?

常々記事にしていますが、食べ物には身体に良いものと悪いものがあります。
当然、良いものをとると健康に、そうでないと弊害が出てきます。

今、本当に増えているアレルギー。

自身の経験からも油の影響をとても受けていると思います。
その最たるものが人工的に作られたトランス脂肪酸と呼ばれるもの。

耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

人間とは正直なもので、やはり人工的な食べ物は排除しようとしますから
結果、アレルギーとしてアトピーや花粉症などの症状を引き起こすんですよね。

ということは・・・油だって質の良い物を摂取することで
アレルギー症状の緩和につながると言えるのではないでしょうか?

人工的なトランス脂肪酸を避けることで痒みが減った

実際、私と娘は揚げ物を極力避けて
サラダなどのドレッシングもインカインチオイルを使用することで
痒みが劇的に減りました。

娘なんて揚げ物を嫌うようになってしまいましたから(苦笑)
それは極端だとしても、それほどに油が大きな影響を与えているといってもいいと思います。

その「油」をかえなさい!には、なぜ油が体に必要なのか?
から、どんな油がダメでどの油を摂取したらよいのか?
とても詳しく書かれていて、なるほどと思い参考にさせて頂いています。

アレルギー以外の病気などにも触れてありますし
油をずっと使用しないなんてことはないでしょうから
一度真実を知っておくという意味でもオススメする一冊です。

もしアレルギー症状があるなら、すぐに取り組めるであろう油から
家族の為にも知識を持ち、その油変えてみてください。