物が少なくなることに快感を覚える旦那

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は愛犬のシャンプーでぐったりしてしまい
あまりお片付けが進まず(汗)

でも、旦那が頑張ってくれたので
思ったよりは片付きました。

いつもは片付けない旦那がなぜか協力的。
そのワケとは?

ある言葉でつっただけなんですけどね(笑)

スポンサーリンク

売れた不要品は、旦那のお小遣いに

この一言だけ(笑)

まー
この一言で動きます、動きます(^^;

使うかどうか分からない旦那のものがゴロゴロしていたし。
でも、重い腰を上げてくれないしで。

勝手に捨てることも出来なくてモヤモヤしていたのですが
どうやら欲しいものがあるようでお小遣いが欲しい様子。

そこに目を付けたわたし(笑)

『不要品を売ったお金はお小遣いにしてもいいよ』

と言うと、夜な夜な片付け。
それとオークションに出品。

するとびっくりな金額になりました。
なんと60000円以上!

・・・しまった(^^;

まさかこんなになるとは。

dsc03425

物が少なくなることに快感を覚える旦那

少し前から旦那の変化は感じていましたが
今回は確信に変わりました。

関連記事です:旦那の成長を感じる一言

今回も片付け終わった後に

『物が少なくなると気持ちいいなぁ』

とつぶやいていました(笑)

私が去年からバンバン捨てていて、最初は文句タラタラだった旦那。
でも、収納に空きスペースが出るにつれ、だんだんと変わってきました。

物を快適に収納出来る
物が少ないから探す手間がない
今現在何を所持しているのかが把握しやすい

この3つの理由が大きいようです。

いつも買いたいだけ買って、沢山持っている事に満足していた旦那。
でも、私が物を少なくしていくことで、別に快適さを見いだせたみたいです。

お小遣いがたくさん入ってホクホクしているうちに
大掃除を頑張って手伝ってもらおうと思っています(〃艸〃)ムフッ