【寄生虫・農薬対策】ホタテのおくりもので野菜洗い始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

野菜洗いと言えば、当たり前なのですが単なる水洗いではありません。

なぜ突然、特別な野菜洗いを始めたかと言うと・・・

スーパーで売っている野菜には当然農薬がかかっています。
我が家が食べている有機野菜には寄生虫が付いています。

どんなに水洗いをしても、落としきることは不可能です。
それを簡単に出来ることを知ったのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

健康志向により、別の弊害が出ている事実

以前から何度か実家で採れた有機野菜を食べていることを記事にしました。

両親が作ってくれている野菜は、本当に新鮮で安心だ・・・そう思っていました。
確かに農薬は最低限ですし、使っていない野菜もあります。
そういった意味では安心なのですが、寄生虫などの影響は避けられません。

その影響で、実は愛犬の健康チェックをお願いした獣医さんから
寄生虫の影響を強く受けていると指摘を受けたことがあります。

ご飯の支度をしている最中に寄ってくるので
生野菜をぽいぽいあげていたことが原因でした。

当然、愛犬が影響を受けているのですから
私たち人間が受けていないはずがありません。

食についていろいろ問題点が上げられる中
良いものだと信じて利用していた有機野菜。

こんなところに盲点が・・・初めて知った時はショックでした。

それ以来、実家の野菜は必ず煮炊きして利用しているのですが
レタスやキュウリ・トマトなどはそうもいきません。

そこで見つけたのがホタテのおくりものです。

強アルカリで寄生虫は死滅する

なにやら怪しげなホタテのおくりものですが
ちまたでは結構有名なお品だそうですよ。

野菜洗いをするために、桶が必要だったので
出来れば折りたためるものをとKOKKIシリコーン洗い桶を購入。

早速、今晩食べる予定のレタスを実験台に(笑)

利用方法も簡単で、お水2Lに対して付属のスプーン一杯を入れて10待つだけ。

成分も自然のものを利用しているので安心です。
10分洗った後はすすいで終わり。

レタスは目立った変化はありませんでしたが
寄生虫は強アルカリでは死滅するそうですので、これで安心して生野菜が食べられます。

レタスでは見た目の変化が感じられなかったので
自宅にあったりんごでチャレンジ。

このりんごは実家がお歳暮に頂いたちょっとお値段のはるりんご。
さて、どうなるんでしょうか?

・・・なんか油膜みたいなものが(汗)
これ、ワックスですよね?

気持ち悪い(汗)

と、こんな感じになるようです。

突き詰めるとどこまでもしないといけなくなるのですが
最低、生で食するものはホタテのおくりものを利用しようと思います。

これで実家で採れた新鮮野菜も、寄生虫を心配せずに安心して食べられます。

せっかく両親が心を込めて作ってくれた野菜。
しゃきしゃきのまま美味しく食べたいですから。

農薬などが気になる方は、こういった方法もありますので
一度お試しになってみてはいかがでしょうか?