27坪の小さな家は私たち夫婦の願望と予算の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

我が家は27坪の小さな戸建て住宅です。
土地がとても狭いので、これが精いっぱいでした。

犬がリビングを走り回る姿を見ていると
もっと大きな家を建てたかったなと思う事がないワケでもありません。

ですが、私たち夫婦間では家を建てるにあたり決め事がありました。
その条件をすべて当てはめたら、27坪の小さな家になりました。

スポンサーリンク

譲れない予算は3000万円

私たちが家を建てる時は、両親からの援助は一切ありませんでした。

すべて自分たちで支払わないといけませんから
土地・建物すべて合わせていくらまでと二人で決めました。

多くはない予算でも、躯体にはこだわりたくて
候補は積水ハウスとヘーベルハウスの二社に。

・・・第一希望だった積水ハウスさんのダインコンクリート。
私たちの予算を聞くなり営業さんは、無理の一言で終わり。

少しくらい考えてくれてもいいのに。
とも思いましたが、第二候補のヘーベルハウスさんに。

こちらの営業さんは予算を聞くと、うーんと悩まれていましたが
その時にちょうどキャンペーンがあって、お安くなっているプランがあり
頑張ります!と言って頂けたので、試算をして頂きました。

頑張って頂いた結果、予算が100万オーバーだったのですが
躯体は譲れない部分だったので、ヘーベルハウスさんにお願いすることに。

それでも、キッチンや洗面は施主支給をするなど
削れるところは削って、自分たちの出来るところは頑張りました。

躯体にお金をかけると小さな家に


同じ3000万でも、坪単価40万で大きなお家を建てるのか?
それとも坪単価80万で小さなお家を建てるのか?

我が家は後者を選択したワケですが、10年たった今でも後悔はありません。
むしろその部分はお金をかけていてよかったと思っています。

その事は、また10年後20年後になれば顕著になってくるでしょう。

まだまだ長く住むであろう住宅ですから
妥協せずほぼ予算に近い形で建てることが出来て満足しています。

住宅を建てるにあたっては、展示場などを見てまわる方も多いと思います。
私も内装を見るのは大好きで、展示場に行くとテンションがあがります。

素敵なインテリアにも惹かれますが、見えない基礎や躯体部分ってとても大事で
それこそが長い時間がたって浮き彫りになってくる問題点にもなりかねません。

私の経験から・・・デザイン建築は不具合も多くメンテナンスにお金がかかります。
ハウスメーカーはそれなりに型も決まっていますし、デザイン建築などに比べれば
そういった費用は抑えられる可能性も高いかなと思います(ケースバイケース)

家を建てる時に、何に拘るのか?

とても大切だなと改めて思いました。

娘も大学受験がうまくいけば、再来年の春には一人暮らし。
小さい家といいながらも、27坪の家に夫婦二人と犬二匹の生活に。

住宅ローンはそれなりに大変ですが(苦笑)
満足出来るお買い物をしたと思っています。