最短で調味料がとれるようにコンロ下収納を見直しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

新しいキッチンカウンターが届いてから
キッチンの収納を今一度見直しています。

なんとなく不便だなと感じていても放置していたコンロ下収納。

いい機会なので、なるべくロスなく調理出来る配置に見直してみました。

スポンサーリンク

フライパンの重ねて収納は取りにくい

我が家のフライパンは、深いフライパン28cmと浅いフライパン28cm。
その上に小さな20cmのフライパン、卵焼き器と4つあります。

その上に28cmと20cmのフタが一つずつ。

フタと卵焼き器や立てて、フライパンは重ねて収納していました。

28cmのフライパンをお使いの方はお分かりになるかと思いますが
意外にずっしりと重いので、重なっていると取り出しにくいんです(汗)

それがすごくストレスだったのですが・・・いかんせん
メンドクサガリ人間なので、なかなか機会がないと動けない(笑)

カウンターが届いたのを機に一気に片付けてみることにしました。

ニトリのA4ファイルボックスを利用したコンロ下収納

このファイルボックス流行ってますよね、無印の(笑)
ちなみに・・・使用したのはニトリのもの。

無印はワイドサイズもあるので、応用を聞かせるなら無印の方がいいと思います。
我が家はニトリのもので十分機能を果たしてくれているので満足♪

あと気になっていたのが、調味料の位置なんです。

以前はコンロ横に食器棚があり、コンロに一番近い引き出しに入れていたのですが
今はその位置にゴミ箱があるので、近くに持ってくるとするならコンロ下かなと。

オリーブオイルなどの小さなものは、ファイルボックスにキッチンペーパーを敷き
隙間にミトンと鍋敷きを入れたらぴったり。

あとの調味料はファイルと引き出しの隙間に並べてみました。

調理する時は、この引き出しを開ければすぐに調味料が出せるので時短に。
最初は慣れませんでしたが、3日もすると慣れてとっても快適~♪

少しのことなのですが、変えてみるものですね^^

他の箇所も少しずつ配置を変えたりしているので
またの機会にご紹介したいと思います。