ラップは安いのでよかったんだ、という事にショックだったわたし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

どのご家庭にでもあるラップ。

今ではラップを使わないフタ付容器のような便利グッズもありますが
ラップは気軽に使えてとても便利なものですよね。

そのラップ・・・実は添加物が入っている事実をご存じですか?

スポンサーリンク

高いからよいワケではないサランラップ

有名なサランラップ・・・こちら添加物入っています(苦笑)

実は私も昔はサランラップを使っていました。
ただ、素材がしっかりとしていてお皿にも密着してくれる、それだけの理由で。

サランラップには、柔軟剤などの添加物が添加されていて
これが熱を加えることにより食品にしみ出してくると言われています。

・・・食品にかぶせるものに柔軟剤(汗)

ラップの素材自体は燃やさない限りダイオキシンは発生しないとも言われていますが、電子レンジなどで熱を加えるので・・・なんだか気持ち的にイヤだなと。

ラップは「塩ビ系」「ポリエチレン系」に分かれているのですが
ポリエチレン系は燃焼時にダイオキシンが出ないそうです。

ちなみに今使用しているのはポリラップです。

添加物もなし、しかもサランラップよりかなり安価なんです!

使い勝手は・・・サランラップの方が使いやすいです。
切れも悪いし、くっつきも悪い(笑)

でも、安全性には変えられないので、ポリラップを使っています。

使用頻度の高いものの安全性を確かめてみることも大切

たかがラップ・・・されどラップかなと。

毎日使うものですから、安全なものを使いたい。
しかもそれがお安い物なら、とっても助かりますよね(笑)

品質のよい物=高い物

これはラップには当てはまらないようです(笑)

環境のことまで考えると使用しないに越したことはありません。
なるべくフタ付の容器などを使うのがいいですよね。

私もこれからはそちらにシフトして行こうかなとも考えています。

ですが、もしラップを購入されるのであれば
ちょっと立ち止まって表示を確認して見てください。

今すぐ何か起こるワケではないと思いますが、やはり健康は日々の積み重ねで成り立っていると思うので、少しの行動が身体を労わることになるのではないかと考えています。

そういった事からも、我が家ではポリラップを使用しています。