夕飯を考えたくない日はシンプルにあれで乗り切ります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の仕事は年間を通して忙しい時期があります。

3月になると転勤時期と重なり比較的忙しさはなくなるのですが
その反動で2月はとても忙しいのです。

そうは言っても、自宅でお仕事が出来る有難さには変えられません。

今日も感謝しながらのお仕事ですが
・・・やっぱり夕方になるとふつふつと夕飯つくりたくない病が(苦笑)

スポンサーリンク

子供がいない時のご飯は手抜きをする

見出しにするほどの偉そうな文面でもないのですが(笑)
このくらいは許して欲しいという願望でしょうか?

家事仕事って年間お休みはないので、どこかで線引きしないと疲れます。

しかも主人はたぶん家事は仕事だとは思っていないので
強制的に自分で線引きするように意識しています。

そんなこともあり、毎週のローテンションとして金曜日はカレーと決まっています。

関連記事です:金曜日は考えない夕飯作り

土曜日のお昼、娘はお弁当持参なので、私達はカレーの残りを食べる。

楽だし節約にもなり、ずっと続いています。
主人は出されたものは文句を言わず食べてくれるのでそこは助かっています。

特に娘がお弁当を持っていく土曜日のお昼は限りなく楽をしたい(笑)

金曜日は定番カレー、考えたくない日は鍋

ご飯作りの何が面倒だと言うと・・・
やっぱり何を作ろうか?と考えること。

これに費やす時間がとても疲れるんですよね。

メニューを考えるのにやきもきして作る気持ちがさらに萎える(苦笑)

なので、仕事で疲れて思考回路が停止状態の時は鍋!
これは季節限定でしか使えないワザですけど(笑)

野菜もたくさん食べることが出来るし、私も楽出来るので
暖かくなるまでは鍋メニューに頼って乗り切りたいと思います。

本日もお読み頂きありがとうございます^^