国立大学2次試験ですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの娘は高校2年生なので、ちょうどあと一年後。

上級生のセンターの足切の話などを聞いて
だんだんと実感が出てきているようですね。

娘も進路調査の用紙を見ながら頭を抱えていました。

スポンサーリンク

現実問題が身近に迫ってくる

娘が希望している大学と、もし前期がだめなら受験予定の別の大学では
試験科目が違ってきます。

苦手の数学を選択しておかないと、何かあった時に応用が利かない。
そのことに随分悩んでいたようです。

高2の最初の頃はお気楽に構えていましたが
センターに失敗した先輩の話を聞くにつけだんだんと不安になってきたようです。

やらないといけない時が必ずあるということ

不安ながらもやるしかないんだという気持ちと葛藤していたようですが
昨日、数学をやる決意をしたと報告してきました。

覚悟を決めないと前に進めない。

その事をじわじわと実感しているみたいですね。
娘にとって中学受験についで大変な時期がやってきました。

でも、がむしゃらにやらないと受からない厳しい現実が待っています。

どんな結果が待っているのか?
それは神のみぞ知るですが・・・この頑張りは絶対ムダになることはないはず。

希望を持ってひたすら邁進して欲しいなと思います。

受験生のみなさま、後悔のないように頑張って下さい。
桜咲きますように。