なぜ、わたしが予防医療にこだわるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログでもたびたび挙げる健康のお話。

昔から美容などには興味があったのですが
若いということもあり、それほど健康については気にしていませんでした。

ですが、あることをきっかけにガラリと変わったんです。

スポンサーリンク

病気になる前に何か出来ることはないか?

数年前のこと、愛犬のCRP(炎症数値)が異常値を示し
いくら検査をしても原因が突き止められませんでした。

人間で例えるなら、即入院だというレベル。
ですが、動物病院ではあまり入院させてもらえません。

ストレスなどもかかるので、出来るだけ飼い主の傍でということもありますが
いつ急変するかもしれない状態を自宅で看るのは正直怖いものです。

息が荒く辛そうにしている中で寄り添ってくる姿を見て
何もしてあげられることがないんだと無力さを痛感しました。

所詮医者でもない私が出来ることなんて限られていますが
少しでも家族が苦しむことがないように、出来る事から始めてみよう。

もちろんアトピーのこともきっかけとしてはありますが
予防医療について勉強し始めたのは愛犬の病気がきっかけでした。

家族みんなが健康で楽しく過ごして欲しい

ただただそれだけの理由です。

その中には、もう苦しむ姿は見たくない
・・・そんな私の弱い気持ちも隠れています。

どんなにお金があっても、健康でないならそれは幸せとは言えない。

私もそれなりに生きてきていますので、周りを見ていてそう思います。

どんなに食生活に気を遣っていても病気になる人はいますし
毎食ジャンキーな食生活を送っていても病気にならない人もいる。

こういった現実があるにしても、病気を最小限に抑える努力はしておきたい。
その気持ちが根底にあり、いろいろと模索しながら勉強しています。

私も影響を受けやすい人間ですので、間違うこともあります。

ですが、無知なほど損する現実があることからも
予防医療ももちろんですが、正しい医療を選択するためにも
これからも細々とでも勉強は続けて行きたいと思っています。

その知識が少しでも読者のみなさまの手助けになれば幸いです^^