今年一年、娘のモノは極力買わないことに決めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

4月になると娘は高校3年生になります。
いよいよ受験学年ですね。

気合十分で、本棚にも受験勉強以外のモノは排除。
今年一年は読書も封印し、電車内も受験対策に時間を割くそう。

志望校に合格することだけにかける気持ち

が、すごく伝わってきて、サポートを頑張らないといけないなと改めて。

スポンサーリンク

大学に合格したら、一人暮らしの予定

娘は一人暮らしを強く希望しています。

私自身も大学では一人暮らしをさせてもらっていたことなどもあり
その事に関しては、むしろそうして欲しいとさえ思っています。

やはり自立という面では、親元にいるよりは一人暮らしかなと。
自炊などの家事面もそうですが

何か起こっても自分で対処しないといけない場面にも遭遇しますし
離れたことで親のありがたみなんかも感じることが出来ると思っています。

もちろん心配ですから、セキュリティ対策のされたマンションを借りる予定。

必要なモノを選別してから買い足しをする

娘が家を出るとなると、もちろん必要なモノが出てくると思います。
ですが、今の段階ではどこまで必要なのかは分かりません。

学生マンションだと結構揃っていたりしますよね。

洋服一つとっても、今年一年は遊びに行く予定もありませんから
娘からも今年は買わないで、合格後に用意したいとお願いされています。

合格したら、沢山買わされそうな予感がしてビクビクしております(苦笑)

今ある食器も割れたりして数が揃っていなかったりなのですが
それについても、娘の進路が決まってからどうするのか考えるつもり。

家族の増減でモノの量も変わってきますから。

今年一年はなるべく買わないで、合格後に必要なものだけを買い足しする。

そう家族で決めています。

今年一年は、娘の大学受験に重きを置くことになりそうですが
お出かけ出来なくても、おうちで出来る事を楽しんでサポートに徹したいと思っています^^