ザルを総入替え後の後悔を解消してくれたのはコレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう5ヶ月ほど前のお話になるのですが・・・
10年使用してきたザルの劣化が激しいので、ザルの総入替えをしました。

関連記事です:ザルを総入れ替えした後、とっても後悔したこと

ずっとこの後悔のまま、だましだまし使用していたのですが
とうとうシビレを切らして購入しました。

スポンサーリンク

やっぱり取っ手付ザルは必要だと痛感

ただ今、使用しているのは貝印ボール&パンチングザルセット
パンチングは洗いやすいし、見た目も好みだし気に入っています。

ですが・・・やっぱりどうしても取っ手付のザルが欲しい。

パスタを3人分湯がいて、湯切りをするためにザルに移そうとした時
手に熱湯がかかるという、痛いミスをしてしまい(泣)

やっぱり取っ手付のザルを探すことに。

無印のザルが貝印のボウルにぴったり

たまたま無印良品にお買い物に行った時
ふとザルの事を思い出して、大きさも同じくらいだしと購入。

寸法って同じくらいのもの作ってるものなのでしょうか?
サイズもよく確認せずに、なんとくなくで買ったザル。

測ったようにぴったり^^

ぴったりだったから良かったものの。
もしハマらなかったら・・・と考えるとコワイ(苦笑)

もし、同じように貝印ボール&パンチングザルセットをお使いの方がいらっしゃったら、無印のザルオススメ致します。

これで、パスタの湯切りもなんのその。
パスタ料理がとても快適に出来るようになりました。

やっぱり、取っ手付のザルは我が家には必要なようです^^