家族の変化に応じた持たない暮らし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

以前にもお話させて頂きましたが・・・
私の実家は、使っていないモノが溢れている家です。

久しぶりに帰省した妹から、実家を見てどう感じたのか?
聞かなくても分かりますが(苦笑)

ほとんどいらないものちゃうの?

という感想(^^;

片付けてあげたいけど、どこから手をつけていいのか?
そのくらいにモノで溢れかえっています。

スポンサーリンク

家族が減っても、変化のない暮らし

まず一番の理由は・・・
子供たちが巣立った後も、片付けずにそのまま暮らしていること

妹が使用していたタンス、弟が使用していたベッド。
タンスは中に何も入っていないにもかかわらず放置。

弟が巣立ってから早10年以上になりますが
未だにベッドがそのまま置いてあります。

しかも・・・そのベッドの上に不要なモノが積み上げてある(汗)

どうにかしないといけないなぁ・・・と分かっていても
もう機会を逃してしまって、その気にならないんでしょうね。

昨日妹と話をしていて、はやり

家族の変化に伴い、持ち物も変化するよね。

と。

娘が巣立った後は、すべて片付ける予定です

うちの娘は大学生で一人暮らしを希望しています。
そのまま社会人になっても、継続して一人暮らしを希望。

ということは、娘の部屋はいらなくなる、という事です。

たまに帰ってきたとしても、お布団さえあれば大丈夫。

部屋にあるお気に入りのラダーラックだけ持っていくと言っているので
その他の要らなモノは引っ越しする時に選別して断捨離予定。

我が家の例であげると、愛犬を迎えた時もそう。
やはり家族構成の変化に伴い、必要なモノはかなり変化しています。

愛犬との生活はこのままずっと続く予定なので
大きな変化は娘の巣立ちとなりそう。

その時々でしっかりとモノと向き合い
持たない暮らし継続して行きたいと思っています。