こんな子供達が勝っていくんだろうなと思った話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今日、お友達のゆうひさん

あれもこれもやらない、やりたいことは絞って集中する

という記事を書かれていました。

つい先日、妹と3人で食事をしてきたのですが
ゆうひさんもいろいろと考えて下さったようで、とても嬉しく思いました^^

スポンサーリンク

何かを得るためには、何かを捨てる覚悟も必要

これは何事にも言える事ですが、その通りだと思います。
私自身も昔は優柔不断で、あれもこれも背負うタイプの人間でした。

旦那はバッサリと切れる人間なので、結婚後影響を受け
私自身も随分と変わることが出来ました。

ゆうひさんに聞かれた質問の中に

英語は続けておかないと中学に入ってからが心配

という質問がありました。

もちろん出来るならしておいた方がいいに決まっているのですが
ゆうひさんのお子さんは中学受験を控えています。

しかも、片手間に受験出来るレベルの学校ではありません。

受験勉強と両立が可能と判断出来るならした方がいいと思いますが
そうでなければ、やはり辞めるべきかなと私は考えています。

それはなぜか?

〇〇中学に受かることが目標であるから

それに過ぎません。
受からないと何も始まらないからです。

今、何を手にしたいのか?を今一度しっかりと考えてみると
自然と行動も伴ってくるのではないでしょうか?

こういう子供たちが勝っていくんだろうなと思う

これは娘から聞いた話なのですが

クラスのみんな、ツイッターやフェイスブックのアカウントを取り消したり
携帯を解約したりと受験に必要のないものは捨てている

とのこと。
純粋にすごいなぁと感心しました。

親に言われずとも、この行動が当たり前。
なかなか出来る事ではないと思います。

出来る子供たちは取捨選択の迷いがない

1年後に迫りくる大学受験に目標を定めているからです。
大学に合格しないことには始まらない、ということですよね。

大学合格することがすべてではありませんが
娯楽を捨て、1年間ひたすら勉強に邁進することが
この後ムダになるはずがありません。

素直に、ここまで努力をしようと決心した子供たちを応援したいなと思える話でした。

ここまで覚悟を決めることが出来るからこそ
勝ち続けて行くことが出来るのだろうなと。

改めて、子供達に教えられたお話でした。

私もお仕事辛いなんて言ってられないですね。
お仕事があることに感謝して、今日も一日頑張りたいと思います^^