30秒で出来る簡単ムシ歯予防、始めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

つい先日、歯の定期健診に行ってきました。
私が通っている歯科では

歯周病菌
ムシ歯菌
カビ菌

の3つの菌をモニターで見せてくれます。

その日は初めて歯周病菌が少ないけどいますと伝えられ
ガーンとショックを受けました(苦笑)

あとはムシ歯菌も少し(^^;

実は前日、仕事の納期が迫っていて夜中2時くらいまで頑張っていました。
どうやら疲れなどでも増殖するようで、気を付けて下さいねと。

やっぱり睡眠って大切ですね^^

スポンサーリンク

食べた直後の歯磨きはダメって知っていますか?

前回は、ムシ歯菌も歯周病菌もいないとお褒め頂いたのですが
今回に限ってはいるんじゃないかな?と、そんな気がしていました。

それはなぜかと言うと・・・

仕事が忙しくなってくると、夜中に何かしら食べる

この行為って、とてもムシ歯リスクを高めるんです。
だらだら食べるのはダメですよって、言われた事ある方もいらっしゃるはず。

そのくらい、口の中に食べかすが残っている状態はダメってことです。

それならすぐに歯磨きすれば・・・それも間違いではありませんが

食べた直後って歯のエナメル質が弱くなっているので
食後30分以上経ってから歯磨きするのがベター

ご存じでしたか?

でも、職場などで食事をすると30分後って難しかったりします。
そんな方にオススメなのが、歯医者さんで教えてもらったある方法です。

歯医者さんで教わった重曹うがいでムシ歯予防

私が通っている歯医者さんでは、院内トイレに重曹うがいの説明書と重曹が、ご丁寧に置いてあります。

何もトイレに置かなくても(笑)

でも、とても親切ですよね。
私も初めての時は、ソレ頂いて帰りました。

推奨されている重曹うがいの方法は

500mlのペットボトルにお水とティースプーン1杯ほどの重曹を入れ溶かします。
その重曹水をコップに入れ30秒ほど口の中でクチュクチュし、後はすすぎます。

それだけです(笑)
簡単ですよね。でも予防効果あるみたいです。

効果としては

歯垢を浮かせてくれる
口の中の酸を中和
歯の再石灰化を促進

その結果、初期ムシ歯が治る、口臭がなくなる、口の中のベタベタがなくなる
歯の黄ばみが落ちる
・・・などの効果があるとのこと。

関連記事です:その口臭、病気のサインかもしれません

たった30秒のケアでこれだけの効果があるなら嬉しいですね^^

パックス重曹なら自宅にあったので、初めて知ってからずっと継続。
一応口に入れるものなので、食用レベルの重曹を。
洗面所に重曹水を作って置いておけば、家族みんなで使えます。

これならお子さんのムシ歯予防にも使えそうですよね。

手間もかからず簡単ムシ歯予防、大切なことなので続けて行こうと思っています。