【お弁当作り】忙しい朝の味方になるお鍋の使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

朝のお弁当作りはなるべく短時間を心がけています。

どこのご家庭でもそうだと思いますが
家族が出る時間までに冷まさないといけないですよね。

例にもれず、私も朝の時間帯はてんやわんや(苦笑)

とりあえずお弁当が完成すればOK。

そんな私が何も考えずに普通に使用していたお鍋の使い方。
が、こんな使い方あるんだ!って感心していたいのでご紹介します^^

スポンサーリンク

お鍋に使用用途を決めつけない

ブログでは1度ご紹介したこともありますが
中華鍋でおでんを作っているお話。

中華鍋といえば・・・炒め物!と思い浮かべる方が大多数かなと。
もちろん炒め物にも使いますが・・・おでんや煮物、カレーなども。

関連記事です:【楽したい夕飯作り】作り置きおでんともう一品生活

そう、使えるモノはなんでも兼用することを心がけています。

今朝は、煮物をソテーパンで。
使えるモノはなんでも使います(笑)

切干大根とじゃがいも、あげの煮物ですね。
私の大好物でもあります^^

こんな風にして、鍋にも役割をたくさん与えてあげて
使いまわせば

お鍋がない!とかそんな風に思う事も少なくなるんじゃないかなって。

お弁当作りには欠かせないたまご焼器も
卵焼きだけに限らず・・・お弁当くらいの炒め物なら出来ますよね。

我が家にある卵焼き器はちょっと深めの作りなので煮物のOK。

そうすることで、すべての鍋も上手に使いまわせて
朝の忙しい時間にも、ストレスなくお弁当作りが出来ています。

今日のお弁当は、切干大根の煮物、鯖のかば焼き
ニラ玉・キャベツとピーマンの炒め物、トマトです。

出来るだけ彩りよくを心がけると、栄養バランスもとれるかなと。

お弁当作りは毎日のことですから、出来るだけ時短出来るように。
しかもストレスなく出来るといいですよね.

まだまだ続くお弁当作り。
これからも工夫して行きたいですね^^