娘を手放す時期が、なぜ今なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も朝から娘は自習室まで勉強に。
夕方までびっちりと受験勉強に励んでいるようです。

私は朝から布団のシーツや愛犬のベッド、布団本体も洗濯。
コインランドリーの帰りに、訳もなくぐっと込み上げてきました。

それはなぜだったのか…

スポンサーリンク

なぜ今、娘を手放さないといけないのか

実はわたしは、昔から子供が少し苦手でした。
それでも娘を産んだのは

結婚して自然と旦那の子供が欲しくなった

ただそれだけです。

仕事は娘が1歳になる前に復帰し、フルタイムで働いていました。

私の母も、子供を3人育てながらのフルタイムワーキングマザーでしたし
子供を保育園に預けることにさほど抵抗もありませんでした。

ですが、早くから預けて、お迎えも最後なんてこともザラ。
土曜も仕事の時もあり、随分寂しい思いもさせてきました。

周りからは、そんなに早く預けて可哀想…とか、いろいろ言われましたが
それでも私は仕事をすることが楽しく、むしろ仕事に没頭することで
子育ての重圧から逃げていた部分も少なからずあったんだろなと。

でも、その時その時、自分なりに子供には向き合ってきたつもりですが
中学生の反抗期を抜け、やっと本音でお互いに話せるようになったのに。

来年には、まだ学生であるにしろ、家を出ることになるかと思うと
なんとも言えない気持ちになってしまいました。

もうすぐ手を離れる娘に、出来る限りのことを

つい先日、私の母から聞いたのですが、娘が

『家族や家は大好きなんだけど、家を出たいだけなんや』
『違う世界に飛び込んでみたい、そんな感じかな?』

と言っていたそうです。

戻る場所があって、新しい世界に飛び込む

そう思ってくれているなら、とても嬉しいな^^

昨日も娘が

『絶対、志望校に合格するから、お母さんも仕事頑張ってな』

と。

いつも周りのお母さん方の子育てを見ては、自分と比べて落ち込んで
本当に自分の子育てが正しかったのか?と何度も考えました。

いくら悩んでも、答えが出るワケでもなく。

でも、社会に送り出すまでは、しっかりと最後まで子育てしないとですね。

なんだかしんみりした記事になってしまいましたが
今年一年、娘のサポート頑張っていきたいなと思います^^