【アトピー治療】母親の大丈夫、その一言で子供は頑張れる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前からアトピーが悪化し、今もまだ燻っている状態です。

さすがに今回は手こずっていて、私自身も参っています。
ですが、その姿を子供に見せることは出来ません。

きっと治る、なんとかお母さんがするから!

そう娘に言いながら、毎日最善の策は何かと模索しています。

スポンサーリンク

年頃の子供のアトピーは幼児期よりも辛い

娘は小さな頃からアトピーです。
ステロイドは使用しなくても済むくらいで軽度でした。

ですが、中学2年生の5月に爆発的にひどくなりました。

それからいろいろと試した結果

表面上はほぼ分からないくらいまでに落ち着いていたのですが
受験のストレスか、現在は悪化したままです。

年頃の女の子ですから、その気持ちは親の想像以上でしょう。

小さな頃は気にならなかった症状
少しのことでもこの年頃は気になりますから。

早くなんとかしてやりたい気持ちと、今まであれだけの方法を試してきたのに
これ以上、私の手に負えないのではないかという不安と背中合わせの毎日。

思い切って自然療法を取り入れている病院に行ってみる事にしました。

この先を見据えて、根本原因を探る医療に

私は皮膚科医に対して、あまりよいイメージがありません。
娘を初めて病院に連れて行った時に言われたのが

『アトピーになるって分かっててなんで産んだの?』

と言われたからです。

どの皮膚科医もそうだとは思っていませんが
あまりのショックに、皮膚科に足を運ぶのが怖くなってしまいました。

もちろんステロイド薬では治らないことは知っていますので
もう行くなら根本的に原因を探ってくれる医療にと。

アトピーの原因はさまざま。

菌・ウィルス・重金属・化学物質・腸内環境・電磁波などなど。

素人が特定出来るものではありません。

まさかこんなにひどくなるとは思わなかったので
もっと早めに受診していればよかったとの後悔もありますが
予約をしたことで、やっと先が見えたような気もしています。

私自身が元気でいないと、子供にも伝わってしまいますから。

受験勉強の大事な時期に、出来るだけのケアをしてあげたい。

きっと治るよ、大丈夫

この一言を自信を持って言える母親でいたい。

そう思って、日々どんな治療法があるのかを模索しています。

今回予約した病院はかなり特殊なモノになりますので
また経過報告などさせて頂ければと思っています。