【アトピー】遅延型食物アレルギーってご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

食物アレルギーと聞くと

呼吸困難・皮膚疾患・消火器疾患

などが想像出来ますよね。

ですが、そんな症状ではないのが遅延型食物アレルギーなんです。

スポンサーリンク

遅延型食物アレルギーってどんなもの?

遅延型アレルギーとは、即時型アレルギーと違い
翌日ないし数日かけて症状が現れてきます。

ですから、気づきにくいんです。

なんだか胃もたれがする・・・とか
ダルイなぁ・・・とか
肌が痒いぁ・・・とか

数日後にその症状が出ると、前日食べた物を疑いがちですが
はかなり前に食べたモノが影響している、それが遅延型の特徴です。

気付きにくい分、知らずに毎日摂取していたりすると
疲労がだんだん蓄積してきたり、アレルギーが悪化したりするそうです。

私も調べるまでは、こんなに多くの食べ物が該当するとは思いませんでした。

大好物がアレルギーだったりする事実

先日お世話になった病院で、自分に負担になっている食べ物が判明しました。

関連記事です:【波動療法】もしかしてわたし…ガンですか?

小麦・砂糖・米・卵・牛乳・柑橘類・豚肉・鶏肉・大豆
など。

実は私が好きな物のオンパレード(苦笑)
牛乳と卵はあまり好きではないんですけどね。

小麦や砂糖・卵などはよくアレルギーの人はひっかかりますが
柑橘類って・・・ビタミンが多くて体にいいイメージでした。

小麦や砂糖は大量にとらないようには意識してはいましたが
・・・よくよく考えると、それなりに摂取していたなと思います(反省)

小麦などは、揚げ物などの衣もパン粉だったりと
意識して避けないと食べてしまう、ということになりかねません。

ずっと除去食続けないといけないの?

ずっとその食べ物が食べられない、というワケではなく
しばらく除去することで、体調を戻し少しずつ復活させる。

医師によって指導はまちまちだとは思いますが
いずれ食べられるようにしていくのが治療だと思います。

そうは言っても、小麦・砂糖・卵はあまり良い物ではありませんから
体調が良くなったとしても、出来るだけ除去はしていくつもりです。

今、除去食6日目。
娘も同時にしていますが、かなり変化を感じています。

その辺りも近々記事にしてみようと思います^^