診療でも使用されている噂のお茶試してみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の寒さと違った冷え。

エアコンの寒さって、芯から冷えますよね。
会社で入ってるエアコンは温度調整も出来ず辛いもの。

何かしら対策ってしていますか?

スポンサーリンク

お恥ずかしながら・・・腹巻しています

実は親子で腹巻愛用者です(笑)

そういえば、年がら年中愛用しているといっても過言ではないかも?

内臓の冷えって不調になりやすいので
お腹はなるべく冷やさないように気を付けています。

娘は若いから大丈夫!なんてことはありません。
学校でエアコンが入り始めると・・・冷え冷えだそう。

公共の場って温度調整も出来ないので、自分で対策するしかありませんよね。

森嶌先生が診療で使用されている近江赤ちゃん番茶

3ヶ月ほど前に記事にさせて頂いたラヴィータメディカルクリニック

関連記事です:まさに私が求めていた医療がここにある

冷えは万病のもととも言われるように、病気の方は低体温が多いそうです。

免疫力を最大限に発揮出来るように指導してくださる先生。
治療には先生が選び抜いた自然なモノが治療に生かされています。

森嶌先生の著書の中で
身体を温めるために患者さんに勧められている 近江 赤ちゃん番茶

私も娘も冷え気味なので、早速取り入れてみることにしました。

水だしが出来るので、とっても簡単。
我が家は沸かしたお湯に一パック入れるだけ。

娘は温かいお茶を毎日500ml学校に持って行っています。

近江 赤ちゃん番茶を飲み始めてただ今2週間。
どうなったのでしょうか?

内臓が暖かく、指先までずっと暖かい

いろいろと身体を温めるモノを試してきたわたし。
正直、ここまで効果があるとは思いませんでした。

娘も同じように感じているようで、手先までぽかぽか。
いつもは手先はひんやりしているので、すごい変化です。

私達にはとてもあっているようです^^
11月の診療がますます楽しみになってきました!

診療はただ今4ヶ月待ちなのです(^^;

それまで、出来ることから体質改善に取り組んでいきたいと思います^^