女性に多い甲状腺の病気、びっくりな方法で良くなった人がいるそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

甲状腺機能低下症、亢進症と呼ばれる甲状腺の病気。
女性の羅漢率はとても高く、よく知られる病気の一つです。

実は、わたしの友達も最近病気が発覚したそうで
お薬で状態を維持していると言っていました。

私も今年43歳ですので、病気にはとても敏感になります。

スポンサーリンク

甲状腺疾患とは、どんな病気?

甲状腺機能亢進症では多汗、暑がり、手のふるえ、動悸、体重減少、心房細動。
甲状腺機能低下症では寒がり、便秘、体重増加、浮腫、関節痛、物忘れなど。

上記のような症状があるそうです。

上下共(ウィキペディア参照)

甲状腺疾患の頻度は高く一般外来を受診する患者の中にも約13%の頻度で甲状腺疾患がみつかる。

症状のある甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、長径が1cm以上の甲状腺癌などの見逃してはならない甲状腺疾患は70〜100人に1人、潜在性甲状腺機能低下症まで含めるとその頻度は30〜40人に1人になる。

わたしの友達は別件で病院にかかった時に偶然発見されたそう。
本人的には疲れやすいなぁというくらいだったみたい。

自覚症状があまりない分、見つかりにくいこともあるんでしょうね。
気になる方は病院でしっかり検査してもらうといいですね。

私自身は病気ではないのですが、先日伺ったクリニックの先生
実は、簡単な方法で症状が良くなった人がいる、と教えて下さいました。

慣れちゃダメ!その疲れ電磁波の影響かもしれません

私自身も電磁波の影響をすごく受けていました。
今はELOレイエックスを設置したりして、昔に比べれば随分と楽になりました。

それでも毎日少なからず影響を受けているであろう電磁波。

ちりつもではありませんが、帯電という言葉があるように体にも溜まってきます。

いつしか、偏頭痛、肩こりがひどい、冷えがひどいが当たり前に。
そんなもんだと思うように、人って慣れて行きます。

でも、それは大間違い。

やっぱり不調は不調で、そのまま放置はいずれ大きなモノになって返ってきます。

アーシングセットを毎日使って、電気を大地に戻そう

また怪しいモノが出てきました(笑)

私も先生が見せて下さったとき、えーって思いましたから。
でも、これ安価なモノなのに、とても優秀です!

グリーンのシートはエンジニア 卓上導電マット ZCM-06
PC作業台に置いて使用するモノみたいです。

これにエンジニア アースコード ZCM-10を繋いで、さらにアース線を自宅のアースを逃がす線に繋げば完成。

アース線の長さによりますが、この2点だけで2000円くらい。
こんなにお安く放電出来るなら嬉しいですよね。

我が家はPCすべてアースをしているので、そこに繋ぎました。

使い方は、グリーンのシートに素足で乗るだけ。
私は今ブログを書きながら素足で使っています(笑)

だいたい1時間くらいで放電されるそうですが
すごく負荷がかかっている方はもう少し長めがいいそう。

すーっと身体の力が抜ける感じで効果が分かると思います。
ちなみに娘は帯電していないので、効果は分からなかったみたい。

あと、お金がかからない方法として、大地に素足で立つ!です(笑)

たったこれだけのことなのですが、甲状腺の病気が良い方向に向かい始めた方が多数いらっしゃるそう。先生も電磁波の影響は大きいので、毎日するだけでもすごく効果が高いとおっしゃっていました。

こんなことで?と思われるかもしれませんが
意外なことから病気って始まるので、モノは試しよう!かなと思います。

とても良い情報だったので、記事にさせて頂きました^^