【注意】就寝時に目覚まし代わりに携帯を枕元に置いていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

就寝前、携帯で遊んでいてそのまま就寝。

これって、よくあることかなと思います。

その上、携帯を目覚まし代わりに・・・していませんか?

スポンサーリンク

携帯目覚ましには危険がいっぱい

以前、携帯電話のことを記事にしました。

関連記事です
高校生の娘に携帯を持たせない一番の理由は?

携帯電話の普及率はとても高く、もう手放せないモノになっています。
小学生にも持たせているご家庭も多くなってきました。

とても便利なモノですが、やはり電波を受信するモノですから
想像以上に身体に負担をかけています。

特に、我が家ではWiFiを導入しているので
家の中では電波が飛び交っていることが想像出来ます。

その電波を常に受信している携帯を、目覚まし代わりに傍に置いて寝るとしたら?

就寝時が一番体を回復させる時間なのに
電波を受けていることで免疫力が下がり、疲れが取れない。

なんてことにもなりかねません。

機内モードを上手に活用しよう

実は、こんな記事を書きながら
私も携帯目覚ましを使っている一人です(^^;

電池式目覚ましを買う事も検討したのですが
電池切れが怖くてなかなか手を出せずにいました。

ですが
つい先日予約をしている病院の診療前セミナーで良いことを教えて頂きました。

就寝時は機内モードにして下さい

機内モード?
そうです、飛行機などに乗る時に使う機能です。

わたしの携帯の場合は、電源を長押しすると出てきました。
携帯によって違うと思うので、一度探してみてくださいね。

このモードにすると、通信をすべてオフにすることができ
モードを解除すると、通話履歴やメールなどの受信が勝手に始まります

その上、通信以外の機能は使えるので、当然目覚ましも使用可。

わたしにぴったりの機能です(笑)

セミナーで教えて頂いて、その日から即実行!
確かに翌日の目覚めが少しだけ違ったような・・・気のせい?(^^;

これなら着歴なども損なわずに行けるのでいいと思いませんか?

少しの事ですが、やはり睡眠の質の面でも大切なことだと思うので
もしなかなか疲れが取れないなぁと思われるなら、ぜひ一度お試しくださいね。

我が家では夫婦で就寝時は機内モードのお世話になっています^^