ベースカラーで着こなす夏のワードローブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

わたしの夏のワードローブは

ホワイト・ベージュ・ブラック・ブルー

の4色だけ。

それでも不足と感じることはありません。

スポンサーリンク

自分をセンスよく見せる色を見つける

センスよくと言えば、かっこいいですが
私的には、やはり清潔感があり上品に見えること

これは譲れません。

もう40代に入り、デザインも落ち着いたもの。
色味もベースカラーを好むようになりました。

その中でもやはりブルーは一番しっくりくるカラーです。
友達からもやっぱり似合うと言われるので(笑)

そうそう、妹も娘もブルーが似合います。
やはり血筋でしょうか?肌の色が似ているんでしょうね。

そんなわたしの夏のトップスはこちら。

この5点でお出かけは着まわしています。
その他に、部屋着として無印のオーガニックコットンTシャツを4枚。

数は多いですが、愛犬のお散歩後にシャワーを浴びるので洗い替え用です。

これら5点のトップスに合わせるボトムスは3点。

ミセスジーナのホワイトデニム。
意外に質の良いモノを扱っているディノスで買ったグレーのパンツ。
あとは定番somethingの七分丈デニムです。

トップスのスカイブルーだけを除けば、どれもベースカラー。

ボトムスもトップスを選ばないものばかりなのでとても合わせやすい。

こうして並べてみると、だいたいどれも合うようになっています。
自分に似合う洋服もそうですが、どれを合わせればまとまるのか?

まとまる色を知ることはとても大切

まとまる色を知ることで、コーディネートがより簡単に。
そうすることで、必然的に洋服の数も厳選されてきます。

どうしても増えがちな洋服ですが・・・

まずは自分に似合う基本のベースカラーを見つけ
それが決まってから、ビビットカラーなどの遊びを入れる。

そうすることで、むやみに洋服を増やさないですみます。
こんな感じで、わたしの洋服は増えすぎることなく管理出来ています。

今年の夏も8アイテムでコーデを楽しみたいと思います^^