アトピーが悪化してとっても良かったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

5月に鳴りを潜めていた娘のアトピーが劇症化。
それから手を変え品を変え・・・いろいろと策を講じてきました。

その結果、なぜか意欲的に勉強するようになりました(笑)

スポンサーリンク

ゆる糖質制限にしたら、居眠りがなくなった

実はこれ、娘だけじゃなく、娘の友達も同じだそう。
娘の変化を見て、友達もマネして食生活を変えたみたいです(笑)

さすが、受かるためならなんでもするんだ( ̄ー ̄)
・・・なんて、冗談ですが(笑)

よく聞く話ですが、糖質をたくさん摂取すると

急激に血糖値が上がり、睡魔が襲ってきます

これは、大人子供に関わらず
誰しも経験したことがあるんじゃないでしょうか?

しかも、娘は朝断食の上に・・・お弁当は

白米と違い吸収が緩やかな金芽ロウカット玄米を1/4だけ。

今は高3で毎日の睡眠時間は5~6時間ですが
午前中の授業はもちろんのこと、午後からの授業も眠くなりにくいそう。

朝断食で集中力が増し、午後からは糖質をあまり摂取しないことで
居眠りをしないですんでいるようです。

居眠りをしないくらい気合が入っていれば問題ないのでしょうが
以前に比べれば学習効率が上がっている事は間違いないはず。

『勉強しなさい!』と言わなくてもよくなる糖質制限

実はうちの娘の幼少期のおやつは

うるめ

でした(笑)
いりこも好きだったなぁ。

小さな頃は私の両親と同居だったのもあって
果物かうるめ、時々祖母が食べる和菓子みたいな。

今考えると、よい食生活してました。

しかも、小学校に上がる前でも2.3時間じっと座っているのも苦にならないようで
コツコツとひらがなの練習をしていたことを覚えています。


糖質制限で子どもが変わる! 三島塾レシピ ― 成績&集中力アップ!
もう「勉強しなさい! 」は言わなくてOK

三島 学(著)
楽天市場はこちら

ちょっと面白そうだなと手にとった書籍。
なかなかに興味深い内容でした。

三島先生が経営されている三島塾では
糖質制限食と学習をセットで指導されています。

子供の集中力のなさやイライラの原因は糖質過多にあると述べられていて
現代の乱れた食生活が理由なんだと改めて感じました。

昔に比べたら、キレやすい子供増えたと思いませんか?

我が家は厳密な糖質制限ではありませんが

白米は食べず金芽ロウカット玄米に。
おやつは果物か、もしくは食べても和菓子1個。

チョコやクッキーなどのお菓子はもう食べていません。

娘から

嫌いな教科に対しても前向きに取り組めるようになった

しかも、糖質過多はアトピーにはとても影響が大きいことからも
もう食べない!と娘も言っていました。

アトピーのために見直してきた食事。
まさかこんなよい副作用があるとは(笑)

しかも高3のこの時期に、しっかりと食事内容を見直せたのはよかったなと。

これも

アトピーがひどくなったから

いいような、悪いような(苦笑)
でも、人って健康を損なわないと気が付かないもの。

いいきっかけを与えてもらったと思って
これからもゆる糖質制限生活続けていきたいと思っています^^