【アトピー治療】新しい治療を始めて1ヶ月目の検査結果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

昨日はお盆最終日。

新しいアトピー治療を始めて早1ヶ月。

1ヶ月ごとに検査があり、治療方針の見直しがあるため
昨日はラヴィータ・メディカルクリニックまで行ってきました。

スポンサーリンク

先生もびっくり!劇的に改善した腸内環境

先生開口一番

すごく改善しています!

と、とても嬉しそうにお話を始めて下さいました。

どんな治療を行ってきたかというと
始めの1ヶ月は腸内環境を整えることに重きをおき治療してきました。

その結果がこちら。

befor

after

こちらの検査は、口腔内の粘膜をとり
それを先生が専門の機械でチェックするというもの。

腸内環境が良くなり、腎臓の解毒も進んでいることが読み取れます。
この結果から言えることは

腸内環境が良くなったことにより、ビタミンミネラルの吸収が良くなった
腎臓機能が正常に働きだしたことにより、重金属の解毒が促進された

ということになります。

もともとあまり量を食べれなかった娘が
この1ヶ月すごく食べるようになりました。

本人も胃痛がなくなり、背中のハリも緩和されて楽になったとのこと。
あとは頭がすごくすっきりとしていて、いい感じだそうです。

それは、とてもいいんじゃないのー?と
深夜にふたりでキャッキャしていました(笑)


脳はバカ、腸はかしこい
藤田 紘一郎 (著)
楽天市場はこちら

こちらは父から教えてもらった書籍なのですが
タイトル通りで、腸の環境は脳にもすごく関わっていて
娘の体感もまんざらでもないんだなと思わせる内容となっています。

これもアトピー治療の思わぬ副産物になりそう(笑)
受験時期にはありがたいですね。

治療には食事面や環境などの後押しも影響

あと、先生がしきりにおっしゃっていたのが

食事や生活環境などもしっかりと手を入れていらっしゃるので
それが治療の後押しになっているんだと思います

これは、何度も何度も繰り返し言われていました。

関連記事:【アトピー治療】ミネラル豊富な大雪旭岳源水を飲み始めました
関連記事:診療前セミナーでお勧めされたロウカット玄米の驚きの効能

どんなにデトックスをしても、口に入れるモノに何か入っていては
出しては入れての繰り返しで、良くなるものもよくなりません。

ですから、口に入れるものには気を付けたいなと思っています。

これから1ヶ月は肝臓の解毒治療。
明日は、肝臓の解毒治療の内容を記事にしてみようと思っています。

明日もまた遊びに来て頂けると嬉しいです^^