【大学受験】年一回の家庭教師の日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お盆間に、年に一度だけお願いしている家庭教師の先生に来て頂きました。

去年の夏、絶対成績を上げとくように!と言われた娘。

さて、先生のお言葉はいかに!

スポンサーリンク

楽観視出来る状況ではないが良い勝負が出来そう

小学5年生の時から毎年お世話になっている先生。
今年で最後ということもあり、先生も楽しみに来てくださいました。

先生は娘と同じ学校の出身で、内情もよくご存じな上に
大学も東京大学を卒業されているので、国立対策もバッチリです。

今年はいよいよ高3ということで、先生も直近の模試の結果をもとに
かなり踏み込んで娘にアドバイス下さったようです。

先生から今の状況を伺ったところ

楽観視出来る状況ではないが、受験は良い勝負が出来そう

高2の3学期からの模試は右肩上がり。

最終的な判断は秋以降の模試になりますが
夏休みの勉強量を加味しても、本番には良い勝負ができるのでは?

と、言われました。
ですが、最後に言われた一言。

お試しに私立受験はしておいた方がよい

国立大学だけ受験をするというのは国立を舐めてるぞ
と、娘は先生から言われたようです(苦笑)

私立に行かないとしても、緊張感を味わうことは一度しておいた方がいい。
あとは、出来れば前泊して国立受験と同じようにしてみた方がよい。

意外に本番パニくる人がいるので、お試し受験はオススメ。

それと・・・娘にだけ

もし国立大学がダメでも浪人はするな。
浪人して希望の大学に合格することは本当に稀。
それなら関関同立レベルの大学を一つ押さえておいて
そちらに進学して、いいところに就職して親孝行してあげた方がいい。

と、おっしゃっていたようですね(苦笑)

もちろん本命校に合格が一番ですが、私も現役でという気持ちもありますし
このあたりは娘と話を煮詰めておいた方がいいかなと思っています。

私立なら・・・自宅通学かな?

さて、夏休みももう半ば過ぎ。
モチベーションは下がることなく、とっても頑張っています!

どうなることやら。
心配は尽きませんが、頑張って欲しいです^^