【大学受験】だんだん娘が病んできました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

10月に入り、センター入試まであと3ヶ月半になりました。

最近、娘の口数が少なく、しかも・・・
言葉の端々がトゲトゲしい。

いよいよ大詰めになってきて
プレッシャーがかなりかかってきているようです。

スポンサーリンク

プレッシャーも生きていく上で大切

鬼のような親に思われるかもしれませんが(苦笑)

この負荷を知ると知らないとでは
これから社会に出て大きな違いが出ると考えています。

全く頑張らないで生きていく人もいると思いますが
そんな人は少数であると思いますし

どこかで踏ん張らないといけない時期がある

と、わたしは思っています。

旦那の会社での話なのですが

少し注意をしただけで、辛いと辞めてしまう

泣いてしまったりと、ひと昔前では考えられないような
心がもろい子供が増えていると言っていました。

旦那はそんなこともあり、娘が今感じているプレッシャーは

これから生きていく上で、大きな収穫になるであろう

と考えているようです。

壊れてしまわないように配慮するのも親のつとめ

そうは言っても、精神的に壊れるまでになってしまっては
元も子もありません。

その匙加減は、小心者のわたしからすると大変で。

旦那はそういった部分はしっかりと見極めれる人なので
これ以上は・・・と思うと、私に合図してくれます。

捨てられない旦那ですが、その辺りは心強い(笑)

娘曰く

クラスの中でも私は元気な方だよ

と言っていたので
これからもっと追い込まれて大変な状況になってくるのでしょう。

残り少ない時間を後悔のないように
親の私達がしっかりと体調、精神面をフォローして行きたいなと思っています。

受験生のみなさま、そしてサポートをされている親御さんも
最後まで悔いのないよう、受験生活が送れることをお祈り致します。

お互い頑張りましょう^^