家を建てる時に気を付けたい床暖房のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

我が家はヘーベルハウスで家を建てました。
ヘーベルハウスで建てる方は

床暖房が好き

だなと思ってみています(笑)

標準装備なのではないのか?と思うくらいに
みんな取り入れていらっしゃいます。

スポンサーリンク

我が家がなるべく電化製品をつけなかったワケ

家を建てる時に直面する課題というのが

オプションをつけるかどうか?

ではないでしょうか?

例えば

浴室乾燥機
電動シャッター
室内物干し(電動タイプ)
床暖房

食洗機やIHなどは別として
上記のモノは外すことも出来ます。

ちなみに我が家ではつけていません。

上記のオプションをつけない代わりに
2階の窓にすべてシャッターを取り付けました。

もちろん手動(笑)

電動はとにかく故障するとお金がかかる(^^;

なので、必要最低限あればよいということで
上記のオプションはすべて除外しました。

その中の床暖房。
これ、実はやっかいなモノなのです。

床暖房の電磁波は半端なくすごい

電磁波のセミナーに行った時にある社長さんから伺ったお話なのですが

床暖房だけは絶対に気を付けた方がいい

とのこと。
電磁波の影響って目には見えませんがすごいですから。

関連記事です:【戸建て住宅】私が住宅設備の中で一番後悔しているもの

床暖房から発せられる低周波磁場は距離をとると低減するが
使用中はそれが出来ないので、モロに影響を受けてしまう。
しかも床を温める電気量は多く、電磁波の影響はすごい

そんなことをお聞きしました。
確かに・・・(^^;

でも、それじゃあ、床暖房を諦めないといけないの?
と思ったら、とってもよい提案をして下さいました。

温水式の床暖房を採用しよう

実は、床暖房には電気式と温水式があります。

電気式はパネルヒーターが熱源になるのですが
温水式は、お湯が熱源になります。

ハイハイをする赤ちゃんなどはダイレクトに影響しますから
出来れば温水式の方がオススメです。

ちなみに社長さんは、建売住宅を購入時に電気式の床暖房だったので
剥がして温水式に設置しなおしたそうです(^^;

すごい費用だったとのことですよ。
そりゃそうですよね。

もし、今床暖房を考えていらっしゃるのであれば
予算などもあると思いますが、ぜひ一度温水式を検討してみてくださいね。

またよい情報がありましたら、記事にしたいと思います^^