【ガンの本】には、ガンにならない方法が書いてある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

わたしは病気に関する書籍をよく読んでいます。
今、病気だから・・・という理由ではなく

予防のため

という位置づけです。

それはどういことなのでしょうか?

スポンサーリンク

病気の本からは、予防法がたくさん学べる

どの書籍でもそうですが・・・

例えばガン。

ガンの治療法の書籍を読んでいくと
必ずストーリーとして

なぜガンになったのか?
ガンになるとどうなるのか?
では、どういった治療をすればよいのか?

そんな風に書かれています。

もちろんその情報も大切なのですが
わたしが一番知りたいのは

どうすればガンを予防出来るのか?

ということ。

誰だって一番知りたい情報ではないでしょうか?

それが分かりやすく書かれている場合もあります。

時折小難しい表現で書かれている場合もありますが
その時は、こんな風に考えるようにしています。

なぜそうなったのか?ということからの逆の発想で
それを避けることでガンを回避出来る

どうでしょうか?


末期がん逆転の治療法
前山和宏(著)
楽天ブックスはこちら

今読んでいる書籍です。
こちらは代替医療のことも書かれているのですが

例えば

西洋医学と東洋医学

先にかかった方がいいのはどちらなのでしょうか?

もし、わたしがガンになったとしたら、まずは東洋医学です。

抗がん剤治療になれば、正常な細胞さえもダメにされてしまい
自身の持つ免疫力が下がってしまいます。

抗がん剤を投与した後に代替医療を、とお考えでしたら
免疫力が下がり切った状態では
とても時間がかかるということになってしまいます。

それほど抗がん剤というのは身体にとって
強く、毒性の強いモノであるということです。

病気にならない為にはどうするべきか?

病気にならない為には?

そう考えた時

食事内容の見直しだったり
生活習慣の見直しだったり

基本的なことですが、大切なことだと気がつきます。

日常の何気ない積み重ねが、病気の予防になる。

分かっていてもなかなかなんですけどね(苦笑)

これからの娘の人生においても・・・
旦那とわたしの健康維持にとっても。

とても必要なことだと感じているので
これからも情報を得る事は、続けて行こうと思っています^^