【大学受験】受験期から入学時(一人暮らし)までの概算費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

いよいよ差し迫ってきた大学受験。
それと共に出費はピークをむかえます(^^;

さて、どのくらいの出費が待っているのでしょうか?

概算費用を見積もってみました。

スポンサーリンク

国立大学文系、一人暮らしの受験期から入学時費用

上記の条件に

私立1校受験(一般入試+センター利用入試)
私立大学の合格した場合の押さえの入学金

を、我が家の場合はプラスしておかなくてはなりません。

さて、行ってみましょう!

まず、受験費用ですが

私立受験費用

53000円(受験費用)+15000円(宿泊費+交通費)=68000円

国立受験費用

35000円(センター+2次試験)+25000円(宿泊費+交通費)=60000円

宿泊費が私立受験よりも高いのは、土曜前泊の日曜が2次試験だから。
それと、もし前期がダメなら後期の費用として40000円くらいプラス。

受験費用だけで、すでに130000円(^^;

この上、私立合格の際には国立がダメだった時に備えて
20~30万の入学金を納めなくてはなりません。

ふふ・・・もうすでにお腹いっぱいですが(苦笑)

続きます。

国立大学に無事合格を果たすと、すぐさま入学金を振込。
この額約28万円になります。

入学時には、教科書+パソコン+電子辞書+生協(学生保険)=約25万

その後、5月末くらいに約26万円の授業料を支払います。

大学に支払う費用は、およそ80万円ほどになります。
これ、必要最低限の費用だと思われます。

あとは・・・一人暮らしの費用ですね。

敷金礼金などを0円に抑えればいいんでしょうけども
それも出来るかどうか分からないので。

我が家の場合、家具・家電などは現地購入の予定なので
引っ越し費用はほぼ0円となります。

それでも賃貸契約を含めて、概算40万くらいは必要でしょうか?

生活費なども渡しておかないといけませんから
50万は見積もっておいた方がよいかなと思っています。

さて・・・どうでしょうか?

電卓をたたいてみたところの合計額

163万円也

ふふ。
一人暮らし辞めてもらおうかしら(笑)

やっぱりかかりますね。大学恐るべし!です。

ささっ
今からガツガツお仕事しなくてはっ