原材料もシンプルが一番!死なない食事から学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

病気の原因はさまざまですが
必ず関係していると言えるのが食事。

スーパーのお惣菜、コンビニ弁当
ファーストフード・・・

原材料以外になんとたくさんの添加物が入っていることか。
表示をじっくりと見ると、気分が悪くなるほど。

スポンサーリンク

原材料がシンプルなモノ選びをしよう

わたしも健康ということを考えるまでは
あまり原材料表示なども気にしていませんでした。

ですが、娘が産まれアトピーであると分かってから
なんとなくスルーしていたものが気になり始め。

そして、今に至ります。

そして分かったことは・・・身体に良いものは決まってシンプル!

そう。
いろいろ入っていないんです。

我が家で使用しているお醤油は丸中醸造醤油

こちらのお醤油の原材料は

大豆、小麦、天日塩

だけ。

あ、小麦入ってる!と思われた方。
時間をかけてじっくりとねかしたお醤油の小麦は分解されて大丈夫だそうです。

なので、グルテンフリーでもそんなにシビアになっていません。

対する・・・手軽に手に入るお醤油の原材料

脱脂加工大豆、小麦、食塩、大豆調味料(アミノ酸等)
カラメル色素、甘味料(カンゾウ)、ビタミンB1

どうでしょうか?
アミノ酸等、有名な添加物です。

しかも、カ、カラメル色素?
それって必要なんですか?とでも聞きたくなりす(苦笑)


がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事
神尾 哲男(著)
楽天ブックスはこちら

毎日使うモノこそ、良いモノを取り入れよう

毎日使用するモノこそ、良いモノを使って欲しい。
ガンで余命幾ばくもないと言われた神尾シェフはそうおっしゃっています。

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事の中でも、まずは調味料を変えて
ガンに少しでも悪いものは身体に入れないようにしたと経験談が書かれています。

ガンを治す、というよりは共存するというった考えのもと
シェフならではの食材を生かした、それでいて健康的な食事。

どんな調味料をどんな風に使用するのか。

とても興味深い内容でした。

今使用している調味料が安全であることも再確認。

最近では、旦那も娘も健康に対してとても意識が高くなってきました。

わたしも家族の健康を守るためにも
しっかりとモノは厳選していかないと。

再確認させて頂いた、オススメの書籍です^^