子供の『〇すぞ』という言葉について考えさせられた出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今日、妹がご近所付き合いの記事をあげていましたが
わたしも昨日、ちょっと面倒なことになっていました。

我が家の場合は、ご近所トラブルというモノではないのですが
子供の発言について考えさせられてしまいました。

スポンサーリンク

軽く『〇すぞ』と言う子供

〇にはご想像通りの言葉が当てはまります。
わたし人生において、こんな言葉を言われたことはありません。

軽くカルチャーショックでした(苦笑)

昨日の夕方のこと。

二匹の愛犬を連れてお散歩をしていたところ
離れた犬がこちらに走ってくる。

慌てたわたしは、10㌔前後ある二匹を脇に抱えて避難。
合計20㌔なので、腕はぷるぷる。

でも、捕まえにきた男の子は急いで捕まえる風もない。
わたしは

『危ないから早く捕まえて!』

と叱りました。

犬同士は合わなければ、血を見る事態に発展します。
ましてや、子供とわたしでは止められるはずもありません。

その後、どうにか捕まえたのですが、謝罪もなく
叱られたことを根に持っているのか睨んでくる。

二匹のリードを持っているわたしは
身動きがとれないので、何かされては嫌だなと思い足早に。

すると、後をつけてくる子供。

普通叱られた大人の後なんてつけてきませんよね?
この時点で普通じゃないなと思いました。

振り返ったわたしに放った言葉は

『お前、〇すぞ!』

と。
小学5年前後の子供がまるでヤクザみたいな口調で言ってきました。

わたし・・・唖然。

いやいや、君が悪いよね?
と言うと、勝手に犬が走っていったから、オレは悪くない。
ちゃんと捕まえたのに文句を言うお前が悪い・・・らしい。

飼い主としての自覚ゼロ。

リードが離れていることがどれだけ怖いことなのか
想像もしたことがないんでしょうね。

その後も後をつけてくるし、ガンを飛ばしてくるので
旦那の帰宅時間ということもあり、旦那に対処してもらうことに。

旦那に対処してもらい、なんとか収まりましたが・・・
わたし一人で対処できない情けなさはは置いておいて(苦笑)

友達同士ではなく、大人に向かって簡単にそんな言葉を言うんだ、と。
家庭環境が垣間見れた瞬間でもありました。

確かに、学校内でそんな言葉が日常的に使われているのかもしれません。
でも、言ってはいけいない言葉であることには違いありません。

よく、子供のすることだから、と言われる方をよく見かけますが
それについては各家庭のラインが違っているなと感じます。

私的には、レッドゾーンです。

わたしも、子育ては右往左往しながら取り組んできました。
間違った子育てもしていると思います。

でも、言ってはいけない言葉。
人の立場にたってモノを考える大切さ。

人として、その部分だけはしっかりと教えてきたつもりです。

大人の私でさえ、そんな言葉を聞くと傷付きます。
ましてや、友達間で言われたら・・・。

大人二人がかりで子供に、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが
このまま放置するには、あまりにも子供の態度が・・・。

その子の親御さんとは今回は話はしませんでしたが
今回叱られたことで、少しでも考えてくれるといいなと思います。

私自身も、少し考えさせられた出来事でした。