ドイツのシンプル食生活に学ぶ、手間を減らしても、健康を保つ方法とは?

食生活に気を遣う・・・となると、頭に浮かぶのが

手間暇かけた品数の多い料理
オーガニック食材などを使用する

などでしょうか?

これらをクリアするとなると
食事を作るハードルが急に高くなりますよね?

でも、ドイツではこれを見ごとに負担なくやってのけています。

スポンサーリンク

何を優先するのか?がはっきりしているドイツ人

初めてドイツ人の暮らしぶりを本で拝見しました。
日本に比べてずいぶん違うなぁと思ったのが

夫婦の家事分担がきっちりしていること

各家庭において

何が最優先事項なのか?

が、とてもはっきりとしています。

実は、わたしもこの軸がはっきりとしていなくて
あれもこれもとなりがちなタイプ。

ここがはっきりとするだけで、ガラリと生活が変わる気がしています

それが食生活にも生かされていて
参考になることがありましたので、ぜひ紹介させて下さい^^


心がラクになる ドイツのシンプル家事
久保田由希(著)
楽天ブックスはこちら

ドイツ人から学ぶ、料理の手間を減らし健康を保つポイント4つ

実はドイツ人は、美食よりも食の安全が気になるそうです。
出来るだけできあいの品は買わないという人も多いそう。

だからこそ、手間を省いても出来る健康的な食事がどうすれば可能なのか?

そんな知恵が溢れているのかも、しれません。

では、行ってみましょう!

①食材は、オーガニックまではいかなくても旬の新鮮なモノ
②料理法は、肉や野菜を切って耐熱容器に並べ、スパイスやオイルで焼くだけ
③品数は、上記メインに沢山使用しているので、パンかご飯だけ
④平日は簡単、休日は家族で料理を楽しむ

この4点です。

私自身、品数に重点をおいて作っていたので
最初読んだ時は、うーんという感じでした(笑)

でも、ドイツのパンはライ麦がブレンドされ
ひまわりやかぼちゃの種がまぶしてあったりと食べ応えがあるモノ。

日本の小麦粉だけのようなパンとは少し違います。

それだけでもかなりの栄養価の違いが読み取れます。

先日旦那から

『うちも金芽ロウカット玄米なんだから、品数少なくても大丈夫じゃない?』

と言われて・・・そりゃそうだと思ったわたし(笑)

金芽ロウカット玄米は、名前からも分かりますが玄米なので
もちろん白米よりは栄養価が高い。

しかも、金芽米は最近テレビでも取り上げられたことのある
免疫ビタミンLPSがとても豊富。

わたしも治療でサプリとして摂取しているLPS。
毎日食べるご飯で手軽に摂取出来る優れたお米なんです。

旦那の言葉すごく説得力があり、それ以来かなり気が楽になりました。

作る時間や元気がある日は頑張ってもいいけど
疲れている時は、1週間で帳尻が合えばいいか
、くらいで。

よほどジャンキーなモノを食べなければ大丈夫!

そう思うと、ある程度食材だけ吟味しておけば
シンプルな食生活でも健康は保てるんですよね。

料理はずっと続くので、良い物を使いつつ
ある程度は手抜きをして、細く長く続けて行けるのが一番ですね。

改めてドイツ人から学ばせて頂きました^^