ペットも人間も同じ、ストレスフリーが健康で長生きの秘訣

我が家には愛犬が二匹います。

なすび♂9歳とつくね♀5歳です。
つくねは来月には6歳。

お陰様で、どちらも持病などなく元気に過ごしています。

愛犬を見ていると、人間と同じ共通点が見えてくるんです。
それは・・・

スポンサーリンク

深く考えすぎない方が病気にもなりにくい

我が家の家族の性格ですが

わたし:神経質・物事を深く考えすぎる・生真面目
だんな:オンオフの切り替えが早い・ストレスがない
むすめ:切り替えが早い・楽しいことを常に考えている
なすび:天真爛漫・怒られてもケロリとしている
つくね:神経質・犬みしり・頭がよい

と、いろんなパターンがあります。

わたしとつくねは、身体に不調をきたしやすい。
つくねは代謝がよいので、わたしほどではありませんが。

やはり、気持ちの切り替えが上手にいかない人ほど

ストレスをためやすく、免疫力も下がりやすい

ような気がします。

それが、子宮筋腫に繋がっているのかもしれませんね。

関連記事です:子宮筋腫?不正出血の原因がはっきりと分かりました
関連記事です:【オーターメイド医療】子宮筋腫の原因に対するアプローチ方法

愛犬のストレス発散といえば、お散歩や遊んであげること。
美味しいモノを食べることもいいですよね。

楽しいなぁ、幸せだなぁ、と感じることが健康維持の秘訣なのかもしれません。

自分を解放する時間をもとう

久しぶりにつくねを迎えたばかりの写真を見てニヤニヤ(笑)
これだけで幸せな気分になれる単純な性格なわたし。

でも、それ以上にストレスを溜め込むのも上手。

そろそろ自分を解放する時間を持ってみたいなぁなんて。

春から娘も大学生になるので、時間の制約もなくなります。

子供が巣立ってから・・・なんて考えてたことの実現に向けて
少しずつ動いていけたらなぁと。

お子さんが小さいと制約も沢山ありますし
もちろんお仕事をお持ちの方も。

日々、時間に追われて大変なことと思います。

でも、やはり人生に潤いは大切です。
家族が笑っていると、みんな元気になりますから。

わくわくを増やして、家族にも笑顔が増えると嬉しいですね^^