一度として仕事を辞めて家庭に入ろうと思った事はありません

先日、妹のちゅらが興味深い記事を書いていました。

同じ姉妹でも、わたしは真逆のことを考えていて
結婚してもずっと働くものだと思っていました。

いや、むしろ働きたい。

そう思っていました。
姉妹でも全く違うものなのですね。

ええ、初めて知りました、わたし(笑)

スポンサーリンク

結婚したら、出産したら家庭に入らないといけないの?

・・・全く考えたことありませんでした。

わたしも子供がいますから
出産してから働くということがいかに大変か。

それなりに分かっているつもりです。

娘が保育園に通っている時、医療事務だったわたしは
熱を出した娘をおんぶ紐で背負って仕事をしていました。

・・・病院だから連れて来て仕事をしろ、と。

その職場はさすがに続けて行くことが出来ず辞めました。

それから、悩みに悩んで母に協力してもらいながら
仕事が終わった後、資格をとるために学校に通う生活が始まりました。

確か娘が5歳の頃、わたしが30歳の時です。

その資格が・・・今の在宅ワーカーに繋がっています。

関連記事です:【仕事について】私は旦那が定年を迎えるまで一緒に働き続けたい

仕事を辞めてしまうことは一度として考えず

どうしたら働き続けることが出来るのか?

それだけを考えて行動していました。
それが、今の結果に繋がっています。

お金が必要になった時には仕事が選べない現実

高校三年生の娘がいる我が家。

大学受験真っ只中なのですが
・・・諭吉さんがすごい勢いで飛び立っております(泣)

よく言ったもので

子供が小さいうちは手がかかり、大きくなればお金がかかる

まさにその通り。

大きくなって、手が離れた頃に復職しようとすると
仕事が選べない現実が待っています。

もちろん手に職と呼ばれる職業は別だとは思いますが。

今、思うんです。

あの時悩んだけど、行動に移して良かった。

大好きな愛犬達とずっと一緒にいられる幸せ。
時間に拘束されずに在宅で仕事が出来る幸せ(納期はありますけど)

これは、やはり行動ありきだったからです。

小さなお子さんを抱えながら仕事をするこは大変ですが
後々のことを考えると、若いうちに行動することは大切。

40歳を過ぎると、身に染みて感じます。

自分や家族を護るためにも、今ある仕事を大切に
仕事はずっと続けて行きたいと思っています。