【画像付き】調理動線を考えたコンロ下収納

Pocket

我が家はL型のシステムキッチン。

でも、吊り下げ収納がないので
上手に収納しないと入らないなんてことも。

でも、必要最低限まで調理道具も減らし
今ではすっかり快適なキッチンになりました。

スポンサーリンク

料理をスムーズに行うために、調理動線を考える

わたしが料理を始める際にすること。

使用する材料をすべて出してくること

その都度出すのもいいのですが、時間が勝負な料理もあるので
全部出しが基本です。

夏場は肉などは冷蔵庫で待機になりますが。

あとは、ザクザクっと野菜や肉類を切って一気に調理です。

煮込み始めたり、炒め始めたりすると
調味料はすぐ手に取れる位置がオススメ。

我が家では、コンロ下にフライパンと調味料をかためています。
片手鍋は別にあるのですが、それもすぐ手に取れる位置に。

コンロの右下には小さな調味料を。
システムキッチンだとこの配置になりますよね。

この調味料と、コンロ下の調味料でほぼ賄えます。

〇〇専用調味料は一切使用しません。

昔は使っていたこともあるのですが
意外に自分で作った方が美味しい(笑)

今ある調味料達で十分味付け出来ます。

今、メインで使っている調味料達。
特にお醤油はこれ以外には浮気出来ないくらい美味しいんです。

関連記事です
上質なモノを少しだけ、調味料のミニマムリッチ化進めています

調味料も酸化しにくいように、小さなボトルで
コンロ下に収納出来る大きさのモノを。

早朝や夕飯時は、キッチンは大惨事に(苦笑)
なるべく手間を減らす動線にしたいもの。

手に取る距離を縮めるだけでも、かなり楽になるはず。

これからも手際よく調理するために
収納の見直しは続けて行きたいと思います^^

スポンサーリンク

▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ 

▽参加トラコミュ▽
アトピー性皮膚炎

すっきり暮らす

生活に役立つ健康情報

犬と暮らす

関連記事です
【画像付き】調理動線を考えたコンロ下収納
この記事をお届けした
シンプルライフ×持たない暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする