一流アスリートから学ぶ、羽生結弦選手の本番力

今日は、羽生選手が金メダル。
宇野選手が銀メダルという快挙。

怪我を乗り越えての羽生選手の演技に震えてしまいました。

羽生選手を見ていて、いつも思うことがあります。

精神面の強さ・・・才能・努力はもちろんですが
ここ一番の時に力が出せるその気持ちの強さ。

今、娘の受験を通して、より一層大切だなと感じています。

スポンサーリンク

受験もここ一番に力が発揮できることが大切

わたしはここ一番で力が発揮できないタイプ(苦笑)
すぐ緊張してしまって、ガチガチに。

なので、120%努力をして本番に挑んで・・・結果70%くらい?

そう、親に心配をかけまくりな子供でした(笑)

娘がわたしに似たタイプだったら
ここまで順調には来ていなかったかもしれません。

賛否両論あると思いますが、娘の中学受験の際には
小テストであろうとも、すごいプレッシャーを与え
少々のことでは動じないように育ててきました。

娘の涙も幾度となく見てきました。

小学生の娘にここまで課すことを悩んだこともあります。

でも・・・努力を100%発揮出来る子供にしてやりたい。

そういった気持ちが強く
旦那と幾度となくぶつかりながら今に至ります。

娘の受験を通して思うことは

冷静に対処出来る本番力の強さ

が、結果をすごく左右するということ。
周りの結果を聞き、痛感しています。

娘はもう大学受験真っ最中なので、これ以上どうすることも出来ませんが
羽生選手の滑りを見ながら、本番力について考えさせられました。

もうこれ以上出来ないくらいの努力の上になりたつ自信。

これもまた強いですよね。

どんな形にしても、自分の力を100%
・・・いや120%出し切れるように。

もう子育ても終盤に差し掛かっていますが
わたしなりにフォローしてあげたいなと改めて思った試合でした。