ちょっと待った!抗生物質を服用する際に考えたいこと

うちの子供、身体が弱くて・・・

すぐ熱を出す
すぐ風邪を引く
すぐお腹を壊す

当然、病院通いも多く、お薬も服用することになります。

出されるお薬の中には、当然のように抗生物質も。

実は、子供が体調を崩しがちな原因が
服用している抗生物質かもしれないことをご存知ですか?

スポンサーリンク

なんでもかんでも抗生物質が処方されている

わたしも最近知ったのですが。

2017年9月に、厚生労働省から『抗微生物薬仕様の手引き』

という医師向けの手引書が公表されたそうです。

そこには

感冒(カゼ)に対しては、抗菌薬(抗生物質)投与を行わないことを推奨する

と明記されているそうです。

手引き公表されるほど、処方されているということだそう。

風邪の原因はウイルスなので
細菌をやっつける抗生物質は効きません。

しかも、抗生物質は腸内細菌を死滅させてしまいます。

これは、どういうことになるのでしょうか?

「おなかのカビ」が病気の原因だった(アマゾン)
内山 葉子(著)
おなかのカビが病気の原因だった(楽天)

腸は身体の免疫力の約7割を担っている

抗生物質を使用すると、症状はなくなるかもしれませんが
腸内環境はバランスを崩し、免疫力が低下します。

風邪を引く→抗生物質の服用→腸内環境悪化→風邪を引く・・・

この繰り返しサイクルが、薬を服用することにより
だんだんと短くなってくることが分かります。

結果

うちの子供は身体が弱くて

となるのかな?と想像出来ます。

それなら飲まない方が・・・と、わたしも考えてしまったのですが
「おなかのカビ」が病気の原因だったの著者である内山先生は

出来れば飲まないで済むならそれにこしたことはないが
飲むなら中途半端に飲まず、腸内ケアをしながら飲みきる

と、言われています。

私自身、在宅になる前は外で働いていましたし
早く熱を下げたいお気持ちもよく分かります。

なので、腸内ケアをしながらお薬を飲ませる

手軽にとれるプロバイオティクスなどを
一緒に服用したりするのもいいかもしれませんね。

これは、とても良い方法かなと思います。

腸内環境を整えることは、病気の予防に欠かせないことなので
お薬を服用する際には、少し注意して服用していきたいですね^^