【代替医療】抗がん剤とも併用できる『オゾン療法』の驚くべき効果とは?

もし、身内がガンになったとしたら
あなたはどんな治療を勧めますか?

もちろん、ご本人の意に沿うようになるかと思いますが

ガンの三大療法と呼ばれる

手術
薬物療法
放射線治療

などが一般的に選択されるかと思います。

我が家では、三大療法はしないと決めているので
代替医療と呼ばれる、自己治癒力を高める治療を調べています。

スポンサーリンク

いざという時に慌てないために、知ることは大切

わたしが、オゾン療法を知ったのは
通っている病院で扱っていたから。

どの治療も目新しいモノばかりで
どんなモノなんだろうと、片っ端から調べました。

興味があるのはもちろんですが、なによりも知っておくことで
いざという時に、迷わず動けるから。

それが、一番の理由です。

いざ、身内がガンと診断されたら、動揺するあまりに
医師に勧められるがまま、治療に踏み切るのを避けたい気持ちもありました。

その中で知ったドイツにおいては保険適用もされているオゾン療法

このオゾン療法、知れば知るほど受けたくなってしまうんです(笑)

アンチエイジングにも。
日常の健康維持に、ガン予防にも。
そして、抗がん剤治療にも併用出来ます。


血液クレンジング療法 ―ドイツで1万人以上の医師が選んだ
渡井 健男(著)
楽天ブックスはこちら

代替医療の一つ、オゾン療法の驚くべき効果とは?

まず、オゾン療法と呼ばれる治療には、いくつか種類があります。

血液クレンジング療法
血液フォトセラピー
オゾン注腸

などがあります。

少しずつ効果は違うのですが、大まかには

抗酸化力の向上・体内の酸素化・抹消血流の増加
免疫機能の向上・調整作用、細胞の活性化など。

以上のような効果があげられるそう。

人間で主に行われているのは、血液クレンジング療法。

採取した患者さんの血液にオゾンを反応させて
それを再び点滴によって体内に戻します。

オゾン療法だけで、C型肝炎の治療を行っている病院があるほど。

長らく悩んでいる症状があるなら、効果があるのかどうか?
調べてみる価値はあるかと思います。

しかも・・・このオゾン療法。

現在、薬物療法を受けていらっしゃる方のQOL(生活の質)を向上させる
併用されている方も多いそうです。

副作用が辛い方、そうならないように同時に治療を始める方。
まだ日本ではメジャーではありませんが、海外では広まっています。

ペットには、治療時間たった2分!直注オゾン療法がオススメ

先日、我が家の愛犬達も直注オゾン療法を受けてきました。
ちなみにお値段は一回2500円ほど。

お尻に、くしーっとチューブを指して
体重に合わせたオゾンを注入するだけ。

最初のうちは効果は約1週間ほどですが
回数を重ねるうちに、効果がだんだんと長くなるそう。

受けてみて驚いたのが

毛艶がよくなり、柔らかくなった
先住犬は冷え性だったのが、足先まで温かい
ストレスも緩和されるのかとても機嫌がよい

など、すぐ効果を実感出来ました。

老犬の健康維持などに、病気でないワンちゃんも通われているそう。

ガンの予防などにも効果がありますし
人間と同じく薬物療法の副作用緩和にもなります。

もし、ご家族で副作用などで辛い方がいらっしゃいましたら
こういった代替医療も利用してみてもよいのではと思います。

長くなりましたが、お読み頂きましてありがとうございました^^