代替医療と生命保険、ペット保険について考える

最近、在宅の仕事が少し減っており
保険の見直しをもう一段しようかという気分に。

それはなぜかと言うと・・・

三大療法を受けるという選択肢がないから

代替医療と呼ばれるものは、生命保険もペット保険でも
保険適用外になってしまうからなんです。

それなら、かけ続けるメリットはどこに?

スポンサーリンク

まずは・・・どんな治療を受けたいのか?を考える

今では、どこの保険会社でも扱っているガン保険。

私達夫婦は、三大医療は受けないと決めているので
この保険は必要ないと判断しています。

ですから、夫婦で入っている保険は県民共済と
全労済のせいめい共済(死亡保険)のみ。

ガンになった時、抗がん剤治療などを受けられる場合であれば
ガン保険のメリットも大きいかと思います。

ですが、我が家は代替医療を希望しているので
むしろ高い掛け金はムダになります。

そういったことからも

どんな治療を受けたいのか?

その内容によっても、どの保険にはいるのか?

まずは・・・入るのか、入らないのか?
入るなら、どれに重きを置いて入るのか?

などが、おのずと分かってきます。

ペット保険も代替医療を受けるなら必要最低限

もちろん、それはペット保険にも言えることかなと思います。

愛犬がガンになった場合には抗がん剤は使用しないので
代替医療をするなら、すべて自費診療になってしまいます。

現在、70%保障のプランに加入しているのですが
50%に変更するか、もしくは

入院・手術に特化した保険

に、変更することも視野に入れ始めました。

ペット保険も、2頭で月に10000円超え。
結構な負担額なんですよね。

家族でどんな治療を望むのか?

それによって、これから入る保険も考えていかないと
無駄に保険料をたくさん払うことになりかねません。

若くても、保険に入っているなら、一度検討してみてもよいと思います。

我が家も、もう少し考えてみようと思っています^^