【保冷保温仕様】夏のお弁当対策に、ランチワイヤーバックを使っています

まだ梅雨時期でそこまで暑くはありませんが
これからどんどん気温が高くなっていきます。

少し前からお弁当の傷みが気になるので
保冷バッグと保冷剤を使い始めました。

数時間でも保冷剤が持ってくれると
お弁当を持たせる母としては、とても安心。

しかも、そのバッグ。

なかなか使い勝手がいいんです^^

スポンサーリンク

ガバッと大きく開く口が使いやすい!がま口仕様

高校生の時に使用していた保冷バッグ。
使い勝手がよかったのですが、ボロボロ(笑)

大学生になったので、新調しました。

好みもうるさいので、一緒に選んだのですが
条件としては・・・

  • 使用している曲げわっぱ弁当箱が入ること
  • 手に提げていてもオシャレであること
  • 出し入れする口が大きく開くこと


以上、3点を気にして探しました。

ふと目にとまったのが、ランチワイヤーバッグ

デニム調を娘が気に入っていたので検討。
上記の3つの条件も満たしています。

色は、デニムネイビー。

娘曰く・・・

『コレなら汚れも目立たないでしょ?』

いやいや、衛生上それはダメでしょ(笑)
なんて会話をしながら、大きさを確認。

入口は、ガマ口になっていてガバっと開きます。
出し入れがしやすいのは、大きなポイントです。

使用している曲げわっぱ弁当箱もこのとおり。

ゆとりがある程度あるので、もう少し大きなお弁当箱でも
2段弁当でも入りそうです。

保冷剤を入れるところも、割と大きめになっているので
少し大きめの保冷剤を入れています。

男女どちらでも使用出来るデザイン

娘が一番こだわったのは

バッグとして持ってもオシャレなデザインであること

これは、ゆずれなかったみたいです(笑)

実は、電車内で色違いのランチワイヤーバッグを持っている男子がいたそう。

確かに、このデザインなら男女兼用いけますよね。

詳しくはこちら→ランチワイヤーバッグ【送料無料】【保冷バッグ】

保冷剤は、お昼ごろには溶けているようですが
バッグ内はひんやりとしているそうなので大丈夫。

もう夏はすぐそこまできています。

朝6時にはお弁当が出来上がるので、保冷材は必需品。

夏のお弁当を安心して食べてもらうためにも
ランチバッグを活用して行きたいと思います^^